【サタデープラス】氷酢たまねぎの作り方&レシピ!血管年齢若返り効果がスゴイ!

シェアする

『氷酢たまねぎ』をご存じですか?

血管若返りして、
疲労回復やダイケットの効果も期待できるという、
名医も大絶賛の『氷酢たまねぎ』!

4月30日の「サタデープラス」で、
血管の若返りに劇的な効果があるという
自宅で超簡単!『氷酢たまねぎ』の作り方や、
食べ方のアレンジレシピが放送されていましたので、
ご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

血管年齢は大丈夫?体の老化チェック方法!

まずは、自分の血管年齢が老けていないかどうかを
チェックしてみましょう!

<体の老化チェック>
①イスの後ろに目印になるものを置く
(ペットボトルなど)

②座ったまま首だけを後ろにまわし、
後の目印が見えるかチェック

座ったまま首だけを後ろにまわし、
自分の後ろに置いた目印が見えますか?

首がまわりにくい人は、首の筋肉が硬くなっていて、
血液の流れが悪くなって
血管年齢が老けている恐れがあります。

筋肉と血管年齢の老化には、
深いつながりがあり、体の硬さをチェックすることで、
血管年齢の若さも分かるのだそうです!

『氷酢たまねぎ』とは?

血管年齢を劇的に若返らせるという、
『氷酢たまねぎ』!

もともと血管年齢が若い方でも、
さらに若返らせることが出来る上、
疲労回復効果や、腸内環境の改善で
ダイエット効果も期待できるのだそう!

生活習慣病による
糖尿病の改善にも期待できるそうです。

自宅で超簡単に作れて、
長期保存も可能です♪

美味しくて健康効果がスゴイという
いいことづくめスーパー調味料です♪

今回の「サタデープラス」では、
たまねぎ研究を20年も続けるスペシャリストである、
南越谷健身会クリニック院長・周東寛ドクターが、
教えてくれました!

以前に一大健康ブームを巻き起こした
『酢たまねぎ』の発案者でもあります。

※『酢たまねぎ』・・・スライスたまねぎを酢に漬けこんだ調味料

血糖値や中性脂肪に高い効果を発揮すると話題になりました。

“酢”には中性脂肪を減らして、
代謝力を高める作用があります。

“たまねぎ”には血液をサラサラにし、
血流を良くし、血圧を下げる効果があります。

たまねぎと酢の組み合わせは、
効果を倍増させる最高の組み合わせなのです!

しかし、『酢たまねぎ』は、効果を発揮するために、
酢にたまねぎを5日間も漬け込む必要があり、
ちょっと面倒くさいとい声もありました。

『氷酢たまねぎ』は、『酢たまねぎ』の進化系であり、
たった一晩で簡単に作れる上に、
健康効果はそのままで、保存期間は長いという
素晴らしい健康調味料なのです。

『氷酢たまねぎ』の作り方&摂取方法!

血管を若返らせる『氷酢たまねぎ』の作り方や
摂取方法などをご紹介します♪

■材料

■材料
・たまねぎ・・・2個(大きめのもの)
・酢・・・150ml
・ハチミツ・・・100ml

お酢には、穀物酢・米酢・黒酢など、
色々と種類ありますが、『氷酢たまねぎ』には、
「黒酢」がベストなのだそう!

「黒酢」は、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富であり、
クエン酸の効果で基礎代謝がUPします。

また、味がまろやかになるそう♪

スポンサーリンク

たまねぎは、普通のたまねぎと新たまねぎでは、
「新たまねぎ」の方が良いそうです。

「新たまねぎ」は、水分量が多く、ミネラル豊富、
糖度が高く甘みが強いため、味わいも豊かになるのだそう。

■作り方

■作り方
①たまねぎの皮をむき、4等分に切る
氷酢たまねぎ2

②ミキサーにたまねぎ・酢・はちみつを入れ混ぜる
氷酢たまねぎ3
氷酢たまねぎ4

※ピューレ状にします。

③製氷皿に入れて、冷凍庫で一晩凍らせる
氷酢たまねぎ5

④出来上がり♪
氷酢たまねぎ1

たまねぎはすりおろすことで、
消化吸収力もUPします♪

■摂取方法

食べ方は、
1日3ブロック(※1ブロック25g)を食べるだけ!

氷酢たまねぎ6

溶かしたり、料理に混ぜたりして食べます。

凍らせていてもシャーベット状なので、
料理にも使いやすいそうです。

※血管への効果を最大限発揮するには、
たまねぎの生に近い冷たい状態で食べるのがオススメ!
血管への健康効果の成分を多く摂取しやすいそうです。

■保存方法

保存は、
冷凍庫で凍らせた状態で2ヶ月保存可能、
凍らせなくても、冷蔵庫で1週間保存可能です。

氷酢の食べ方アレンジレシピ♪

早見優さんは、自然解凍でそのままサラダと食べても、
ドレッシングのようで美味しいと言っていました。

『氷酢たまねぎ』はどんな料理にでも合う、
万能調味料だそう♪

■味噌汁 + 氷酢たまねぎ

1人前に1個の氷酢たまねぎを入れます。
味噌をといた後に入れます。

■カレーライス + 氷酢たまねぎ

4人前のカレーに、3つの氷酢たまねぎを入れます。

■生姜焼き + 氷酢たまねぎ

生姜焼きの漬けだれに、氷酢たまねぎを入れます。

・つけダレ材料(氷酢たまねぎ 1個、酒 小さじ1、醤油 小さじ1)
・焼きタレ材料(醤油・みりん・酒 各大さじ1、砂糖 小さじ1、おろし生姜 小さじ1)

■ミンチ肉 + 氷酢たまねぎ

たまねぎのみじん切りの代用品として、
ひき肉に直接混ぜあわせて、ハンバーグにします。

■ポン酢 + 氷酢たまねぎ

カツオのたたきのタレにします。
タレの材料(ポン酢 1/4カップ、氷酢たまねぎ 1個)

■醤油 + 氷酢たまねぎ

ドレッシングにします。
材料(氷酢たまねぎ 1個、サラダ油 大さじ3、醤油 小さじ2)

■マヨネーズ + 氷酢たまねぎ

タルタルソースにします。
材料(マヨネーズ 大さじ2、ゆで卵 1/2個 、氷酢たまねぎ 1個、塩と胡椒 適量、刻みパセリ 適量)

■カップ麺 + 氷酢たまねぎ

氷酢たまねぎを1つ入れて、お湯をかけます。

栄養がUPします。

■冷や奴 + 氷酢たまねぎ

豆腐の上に砕いた氷酢たまねぎをのせるだけ。
お好みで醤油やねぎも添えます。

■タケノコの炊き込みご飯 + 氷酢たまねぎ

通常の作り方に、氷酢たまねぎ1個を入れて炊くだけ。

■野菜ジュース + 氷酢たまねぎ

お好みの野菜ジュースの氷酢たまねぎを入れるだけ。

■フルーツ + 氷酢たまねぎ

スムージーにします。

<イチゴとリンゴのフルーツスムージー>
●材料(2人前)・・・牛乳 200ml(1カップ)、イチゴ 100g、りんご 1/2個、はちみつ 大さじ2、氷酢たまねぎ1個

●作り方・・・材料をミキサーに入れてかくはんする

氷酢たまねぎの効果がスゴイ!

今回のサタデープラスで
10日間で血管改善生活!『氷酢たまねぎ』
の生活にチャレンジしたのは、
早見優さんとTKO木下さん!

現在、実年齢49歳の早見優さんの最初の測定血管年齢は42歳でしたが、
それが更に若返って、なんとマイナス3歳血管年齢39歳に!

血管年齢42歳 ⇒ 血管年齢39歳 マイナス3歳!!

疲労度も158万copies/mlだったのが、112万copies/mlへと短期間でかなり改善されました。
(※通常の人の疲労度は、~10万)

TKO木下さんは実年齢44歳で、最初の測定血管年齢は59歳でしたが、
若返って、なんとマイナス17歳血管年齢42歳に!

血管年齢59歳 ⇒ 血管年齢42歳 マイナス17歳!!

一般モニターの3人の方も、
平均で血管年齢マイナス19.3歳という驚きの効果が!

スゴイ効果ですね!

簡単に続けられそうですので、
ぜひ、『氷酢たまねぎ』生活を試してみたいです♪

まとめ

血管が劇的に若返りして、
疲労回復やダイケットの効果も期待できるという、
名医も大絶賛の『氷酢たまねぎ』!

4月30日の「サタデープラス」で、
血管の若返り効果があるという
自宅で超簡単!『氷酢たまねぎ』の作り方や、
食べ方のアレンジレシピが放送されていましたので、
ご紹介しました♪

とっても手軽に作れますし、
様々なお料理にちょい足しで使えるので、
毎日気軽に続けられそうですね!

『氷酢たまねぎ』生活、ぜひチャレンジしたいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする