水島弘史レシピ『卵とレタスの炒飯(チャーハン)』【サタデープラス】

シェアする

話題の弱火調理人!
料理科学研究家・水島弘史シェフの
『卵とレタスの炒飯(チャーハン)』の作り方レシピ!

2月4日のTBS「サタデープラス」マネープラスのコーナーでは、
元宝塚・紫吹淳さんが本気の婚活!
花嫁修行で料理教室へ行き、
水島弘史シェフから料理を習っていました。

料理科学研究家・水島弘史シェフの
『卵とレタスの炒飯(チャーハン)』
の作り方レシピをまとめてみました!

スポンサーリンク

『卵とレタスの炒飯(チャーハン)』の作り方レシピ!

今回、「サタデープラス」
元宝塚・紫吹淳さんに料理レシピを教えてくれたのは、
料理科学研究家・水島弘史シェフです!

水島弘史シェフが作る料理は、
“弱火調理法”が最大の特徴です!

水島弘史シェフのレシピ本♪(↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 [ 水島弘史 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野菜いためは弱火でつくりなさい [ 水島弘史 ]
価格:1598円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)

料理を美味しくするのは、
高級食材でもなく、シェフの腕でもなく、
実は、“弱火”なのだそう!

料理科学研究家・水島弘史シェフの
『卵とレタスの炒飯(チャーハン)』の作り方レシピです!

■材料(1人前)
・ご飯(炊いたものを使用)…100g
・サラダオイル…10g(小さじ2)
・長ネギ…15g(大さじ1)
・レタス…20g
・卵…1個(50~55g)
・塩…1.4g
・コショウ…ペッパーミル2回転
・ごま油…2g(小さじ2/5)
・ハム(又は焼き豚)…30g


スポンサーリンク

■作り方
①長ネギはみじん切り、レタスは一口大(2cm×3cm)、ハムは短冊切りにする

②卵は溶いておく

③ご飯(100g)をザルに入れ、上から水(大さじ3~4杯)を回しかけてよくほぐす
<水島シェフ秘策>

「ご飯洗い」
※ボウルで受けたザルにご飯を入れ、大さじ3杯の水で粘りを洗い取ります

④③のご飯に、サラダオイルをまわしかけ、箸でほぐしながら混ぜる
※余分な油は下に落とします
※小さじ2のサラダ油を加え、ほぐしたご飯をコーティングします

⑤まだ火にかけていないフライパンに油をひき、溶き卵を入れた後、弱火にかける
※ゴムベラか、木べらで、半熟程度になるまでゆっくりと混ぜ、弱火で2分間加熱します

⑥卵が半熟状態になったら、④のご飯を入れ、切りまぜ炒める
※フライパンを振らずに、ゴムベラで切るように弱火で3分混ぜます

⑦フライパンの真ん中にスペースを作り、そこに長ネギを入れ炒める
※ご飯と卵が絡んだら、フライパンで一番熱くなる真ん中を空けます
※熱くなったフライパンの底でネギを炒めて香りを出します

⑧炒めたネギとご飯を混ぜながら、さらに弱火で2分切り混ぜる

⑨レタス、ハムを加えて、塩で味付けし、さらに弱火で3分切りまぜ炒める
※ネギがご飯にしっかり混ざったら、ハム、レタスを入れて塩で味付けします
※焦げやすいネギやハムは、最初に炒めてはいけません

⑩再びフライパンの真ん中にスペースを作り、強火にして、スペースにごま油を入れる
※強火にして、フライパンの底の部分にごま油を入れます

⑪コショウを振り、全体にさっと馴染ませる

⑫出来上がり♪
※強火にしてから、30秒ほどで完成です

試食した感想は、
「レタスの音聞こえる!?」
「美味しい!感動!」
「塩コショウだけで!」
「簡単だし、美味しい!」

と、大好評でした!

料理科学研究家・水島弘史シェフの
『卵とレタスの炒飯(チャーハン)』
ぜひ、作って食べてみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

話題の弱火調理人!
料理科学研究家・水島弘史シェフの
『卵とレタスの炒飯(チャーハン)』の作り方レシピ!

2月4日のTBS「サタデープラス」マネープラスのコーナーでは、
元宝塚・紫吹淳さんが本気の婚活!
花嫁修行で料理教室へ行き、
水島弘史シェフから料理を習っていましたので、

料理科学研究家・水島弘史シェフの
『卵とレタスの炒飯(チャーハン)』
の作り方レシピをまとめてみました!

とっても美味しそうでしたので、
ぜひ、作ってみたいです!

関連記事はこちら♪(↓)

水島弘史レシピ『餃子』の作り方!弱火調理法【サタデープラス】
話題の弱火調理人! 料理科学研究家・水島弘史シェフの 『餃子』の作り方レシピ! 2月4日のTBS「サタデープラス」マネープ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする