【林修の今でしょ講座】卵焼き(だし巻き玉子)レシピ!中村奈津子の料理講座!

シェアする

人気のカルチャースクール料理講座の
『卵焼き(だし巻き玉子)』レシピ!

2月7日の「林修の今でしょ講座」では、
人気のカルチャースクール料理講座について
紹介されていました!

中村奈津子先生の料理講座!
『卵焼き(だし巻き玉子)』の作り方レシピをまとめてみました!

スポンサーリンク

『卵焼き(だし巻き玉子)』の作り方レシピ!

今回の「林修の今でしょ講座」では、
人気のカルチャースクール講座で、
”料理”の基本講座について紹介されていました!

教えてくれたのは、
田中伶子クッキングスクールカリスマ講師の
中村奈津子先生です。

中村奈津子先生の料理講座!
『卵焼き(だし巻き玉子)』の作り方レシピをまとめてみました!

■材料
・卵…3個
・だし…60ml
・塩…2つまみ
・薄口醤油…5ml
・片栗粉…少さじ1/2

■作り方
①卵をボウルに割り、ほぐさずに調味料(だし、塩、薄口醤油・片栗粉)を入れる

<だし巻き玉子のポイント>
「卵を混ぜすぎない」
※卵を混ぜすぎるのは、卵の風味が逃げるので厳禁です
※だしは冷えたものを使います
※片栗粉はつなぎ(凝固剤)として入れます

②強火で熱したフライパンに油をひき、卵液の半分以上を流し込む

だし巻き玉子のポイント>
「強めの火加減で一気に!」
※強火で焦げないように、一気に仕上げた方がフワフワになります

③菜箸で混ぜながら、全体を半熟状態にする
※ずっと火に当ててるとフライパンが熱くなりすぎるので、
適度に火から離しながら混ぜます

④半熟状態になったら、ヘラで手前側に寄せる


<だし巻き玉子のポイント>
「巻くのは最後だけ」
※卵は巻きません
※巻くことよりも、火の通しすぎに注意しましょう

⑤ヘラで卵を向こう側に押し、残りの卵液の2/3を入れ、
ヘラで持ち上げながら、卵液を少しだし巻玉子の下に流し込む


⑥向こう側から、手前へと玉子を巻いていく
※玉子が乾きすぎると、付かなくなるので少し湿っている状態で巻きます

⑦再度、ヘラで卵を向こう側に押し、残りの卵液を入れ、
ヘラで持ち上げながら、卵液を少しだし巻玉子の下に流し込む

⑧再度、向こう側から、手前へと玉子を巻いていく
※3巻目は、芯が太くなっているので、巻きやすいです

⑨焼きあがったら、巻きすで軽く巻いて、2分程余熱を通す

⑩出来上がり♪

試食した感想は、
「味いい!」
「ふわふわ!うまい!」
「すごい美味しいですね!」
「思った以上に、ふわふわですね!」

と、とっても大好評でした!

中村奈津子先生流!
『卵焼き(だし巻き玉子)』
ぜひ、作って食べてみたいですね!


スポンサーリンク

『卵焼き(だし巻き玉子)』の応用レシピ!

今回学んだ、『卵焼き(だし巻き玉子)』レシピの理論をつかえば、
様々な卵料理に応用が可能です!

■「オムレツ」

卵を混ぜすぎないで、強火で一気に焼きあげることで、
ふわふわのオムレツに仕上がります!

■「鰻巻き」

「だし巻き玉子」にちょっと贅沢に、
“鰻(うなぎ)”をトッピングすれば、
絶品の『鰻巻き』になります!

■「カニかま巻き」

「だし巻き玉子」に、
“カニかま”を巻けば、
お弁当のおかずにピッタリの
『カニかま巻き』になります!

スポンサーリンク

まとめ

人気のカルチャースクール料理講座の
『卵焼き(だし巻き玉子)』レシピ!

2月7日の「林修の今でしょ講座」では、
人気のカルチャースクール料理講座について
紹介されていましたので、

中村奈津子先生の料理講座!
『卵焼き(だし巻き玉子)』の作り方レシピをまとめてみました!

とってもふっくらフワフワで、
美味しそうでしたね!
ぜひ、作って食べてみたいです!

関連記事はこちら♪(↓)

【林修の今でしょ講座】チャーハンレシピ!中村奈津子の料理講座!
人気のカルチャースクール料理講座の 『チャーハン』レシピ! 2月7日の「林修の今でしょ講座」では、 人気のカルチャースクー...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする