水キムチの作り方は米とぎ汁で簡単!長寿菌を増加【その原因Xにあり】

シェアする

『正しい腸活』で健康長寿♪

5月12日のフジテレビ「その原因Xにあり」では、
『長寿の秘訣&便秘』
について紹介されていました!

『健康で長生きの秘訣』
『水キムチの作り方レシピ』
について、まとめてみました!

スポンサーリンク

“健康で長生き”の秘訣は『長寿菌』にあり!

今回の「その原因Xにあり」では、
『長寿の秘訣』について紹介されていました!

健康で長生きの人が持っているという、
腸内細菌の“長寿菌”とは、
『大便菌』『ビフィズス菌』です!

『大便菌』は、腸の粘膜を修復して、
免疫力を高めてくれます。

『ビフィズス菌』は、食べ物の消化など、
腸の動きを活発にしてくれます。

つまり、『大便菌』『ビフィズス菌』が多いほど、
腸内環境が整い、免疫力がアップするため、
健康で長生き出来るというのです!

腸内の“長寿菌”を増やすためには、
“長寿菌”のエサとなる、
「食物繊維」と「乳酸菌」を含む発酵食品を摂取する事ですが、
“毎日20g以上の食物繊維”が必要です!

「食物繊維」20g摂取というのは、
実は簡単ではありません。

成人の平均食物繊維摂取量は、
“15g/日”というデータもあります。

一方、「乳酸菌」は、
ヨーグルトにすると、
毎日300g摂取する事が必要なのですが、
ヨーグルトの平均摂取量は、
“40g/日”というデータになっています。

“長寿菌”を増やす!
「食物繊維」+「乳酸菌」のスーパーフードが、
『水キムチ』です!

『水キムチ』とは、
韓国の伝統的な家庭料理で、
乳酸発酵させた汁気が多い漬物です。

『水キムチ』は汁の方に乳酸菌が増えていますので、
汁を必ず飲みましょう!

『水キムチ』を毎日食べる事で、
腸内環境が良くなります!


スポンサーリンク

『水キムチ』の作り方レシピ!

“長寿菌”を増やしてくれるという、
『水キムチ』
の作り方レシピをまとめてみました!

■材料
・小松菜…250g(2束)
・お米のとぎ汁…2カップ(400ml)
・塩…小さじ2杯
・リンゴ…1/2個

■作り方
①お米のとぎ汁に塩を入れ、軽く温める

②密閉できる袋に、塩もみした小松菜、リンゴ(一口大に切る)を入れる

③②の袋に、人肌まで冷めた①のとぎ汁を入れ、一緒によく揉む

④③の袋を半日ほど常温で置いておき、乳酸発酵させる

⑤出来上がり♪
※乳酸発酵して袋が膨らんだら完成です
※冷蔵庫で1週間保存可能です

『水キムチ』は、“小鉢一杯(約70g)”
普段の食事と一緒に、1日3食食べましょう!

『水キムチ』は、野菜を漬け込んだ汁に、
乳酸菌が多く含まれていますので、
汁まで必ず飲みましょう!

スポンサーリンク

“とぎ汁”に含まれる糖分には、
「乳酸菌」を増やしてくれる役割があります。

“リンゴ”は、「乳酸菌」を増やす糖分に加えて、
「食物繊維」も豊富な食材です。

“小松菜”は、「食物繊維」だけでなく、
カルシウム、ビタミン、ミネラル成分、鉄分が豊富で、
“天然のマルチサプリ”と言われる野菜です。

“小松菜”を塩もみすると、
カサが減り、無理なく食物繊維を摂ることができます。

この『長寿水キムチ』を摂取することで、
“長寿菌”を増やすために不足している
「食物繊維」と「乳酸菌」がとれます!

まとめ

『正しい腸活』で健康長寿♪

5月12日のフジテレビ「その原因Xにあり」では、
『長寿の秘訣&便秘』
について紹介されていましたので、

『健康で長生きの秘訣』
『水キムチの作り方レシピ』
について、まとめてみました!

長寿の秘訣、とても参考になりましたね!
“長寿菌”を増やすために、
『水キムチ』をぜひ作って食べてみたいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする