水島弘史レシピ『から揚げ』の作り方!弱火調理法【サタデープラス】

シェアする

話題の弱火調理人!
料理科学研究家・水島弘史シェフの
『から揚げ』の作り方レシピ!

7月22日のTBS「サタデープラス」マネープラスのコーナーでは、
元宝塚・紫吹淳さんが本気の婚活!
花嫁修行で料理教室へ行き、
水島弘史シェフから料理を習っていました。

料理科学研究家・水島弘史シェフの
『から揚げ』の作り方レシピをまとめてみました!

スポンサーリンク

『から揚げ』の作り方レシピ!

今回、「サタデープラス」
元宝塚・紫吹淳さんに料理レシピを教えてくれたのは、
料理科学研究家・水島弘史シェフです!

水島弘史シェフが作る料理は、
“弱火調理法”が最大の特徴です!

水島弘史シェフのレシピ本♪(↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 [ 水島弘史 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野菜いためは弱火でつくりなさい [ 水島弘史 ]
価格:1598円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)

料理を美味しくするのは、
高級食材でもなく、シェフの腕でもなく、
実は、“弱火”なのだそう!

料理科学研究家・水島弘史シェフの
『から揚げ』の作り方レシピです!

油で揚げるのではなく、
油で煮る”から揚げ”です♪

■材料(2人分)
・鶏もも肉…200g
・片栗粉…15g
・砂糖…4g
・コショウ…少々
・しょうゆ…15g
・打ち粉の片栗粉…適量
・溶き卵…15g
・日本酒…8g
・おろしショウガ…10g
・おろしニンニク…4g
・塩…1g
・サラダ油…適量


スポンサーリンク

作り方
①鶏もも肉を食べやすく一口大に切る

①の鶏肉をボウルに入れ、最初に塩、醤油を加えて揉み込み、次に他の調味料類を加えてよく混ぜ合わせ、15分置く
※調味料は一気には入れず、味「醤油・塩・砂糖・日本酒」、香り「ショウガ・ニンニク・コショウ」、衣「卵・片栗粉」となるものを分けながら加えます

③②の下味を付けた鶏肉に、再度片栗粉をまぶす

④フライパンに底一面になるくらいのサラダ油を入れ、鶏肉をのせる
※火を点ける前の冷たい油の上に、鶏肉を並べます

⑤④に、さらに上から鶏肉の高さのヒタヒタ弱まで、サラダ油を回しかける

加熱を開始し、弱火~弱い中火で3分ほど加熱し、100℃を超えて泡が出てきたら火を止める
※強火の高温状態で揚げると、鶏肉に急激に火が入って固くなってしまいます。
また、火加減が難しく、中が半生で外側が焦げてしまいます。

※弱火の油で煮る事で、ゆっくり火が入り、中がジューシーなまま、失敗しません
また、油も飛び跳ねないので、熱くなく、キッチンもキレイなままです。

⑦火を止めて1分置いたら、また弱火で煮る
※「弱火→泡が出る(100℃)→火を消して1分置く→弱火」を10分間繰り返します

⑧鶏肉を裏返し、約3分弱火で火入れし、一旦取り出す
※この時点では、から揚げの表面には、ほぼ色はついていなく、見た目はまだベチャベチャです

⑨強火にして油を熱し、⑧の鶏肉を戻し、転がしながら色がつくまで30秒ほど揚げ焼きにする
※色が付いたらOKです
※二度揚げすることで余分な油も飛び、表面がサクッと揚がります

⑩皿にサラダ菜をひき、鶏肉をのせて、レモンを添える

⑪出来上がり♪

試食した感想は、
「美味し~い!サクサク!」
「あれだけ油に浸かってたらベチョベチョじゃないかと思うけど、どこに行っちゃったんだろうね!」

と、大好評でした!

料理科学研究家・水島弘史シェフの
『から揚げ』
ぜひ、作って食べてみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

話題の弱火調理人!
料理科学研究家・水島弘史シェフの
『から揚げ』の作り方レシピ!

7月22日のTBS「サタデープラス」マネープラスのコーナーでは、
元宝塚・紫吹淳さんが本気の婚活!
花嫁修行で料理教室へ行き、
水島弘史シェフから料理を習っていましたので、

料理科学研究家・水島弘史シェフの
『から揚げ』の作り方レシピをまとめてみました!

とっても美味しそうでしたので、
ぜひ、作ってみたいです!

関連記事はこちら♪(↓)

水島弘史レシピ『親子丼』の作り方!弱火調理法【サタデープラス】
話題の弱火調理人! 料理科学研究家・水島弘史シェフの 『親子丼』の作り方レシピ! 7月22日のTBS「サタデープラス」マネ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする