【林先生が驚く初耳学】スマホ充電ケーブルのベストな長さと種類!

シェアする

『スマホの充電ケーブル』
のベストな長さと種類♪

9月9日放送のTBS「林先生が驚く初耳学」では、
“スマホ充電の初耳学「充電ケーブルのベストな長さ」”
について紹介されていました!

スマホ充電の初耳学!
『充電ケーブルのベストな長さ』
についてまとめてみました!

スポンサーリンク

『充電ケーブルのベストな長さ』!

今回の「林先生が驚く初耳学」では、
”スマホ充電の初耳学「充電ケーブルのベストな長さ」”
について出題されていました!

日々欠かせない“スマホの充電”!

『充電ケーブル』には、
様々な種類のものがありますが、
“ベストな長さ”はどのタイプなのでしょうか!?

<充電ケーブル種類>
①30cm
②50cm
③1m
④2m
⑤3m
⑥70cm(リールタイプ)

<ベストな充電ケーブルの条件>
1位「充電が早く終わる」
2位「長さに余裕がある(充電しながら操作可能)」

つまり、
『ベストな充電ケーブル』とは、
“充電が早く終わって、少しでも長いもの”です!

この条件をふまえた結果、
『スマホの充電にベストなケーブル』
“②50cm”の充電ケーブルとなります!


スポンサーリンク

『充電ケーブルのベストな長さ』検証結果!

今回の「林先生が驚く初耳学」では、
”最も早く充電が完了する”充電ケーブル”の検証”
が行われていました

<充電ケーブル種類>
①30cm
②50cm
③1m
④2m
⑤3m
⑥70cm(リールタイプ)

<充電完了の順位結果&充電時間>
1位 ①30cm…2時間10分
1位 ②50cm…2時間10分
3位 ③1m…2時間22分
4位 ④2m…2時間38分
5位 ⑤3m…3時間3分
6位 ⑥70cm(リールタイプ)…4時間21分

「充電」は、電流と電圧の関係で決まります。
「充電ケーブル」は、
長さが長くなるほど、電流が低下してしまい、
充電時間が長くなってしまいます!
(※1m以上になると時間がかかる)

つまり、“短いケーブル”の方が、
充電が早く完了するのです!

また、電流はケーブルの太さにも関係するため、
ケーブルの細いタイプの
⑥70cm(リールタイプ)は、充電時間が長いです。

“充電が早く完了”するのは、
①30cm②50cmのケーブルですが、
①30cmのケーブルでは、
短すぎて充電しながらの通話も困難です。

早く充電できてギリギリ操作も出来る
“②50cmのケーブル”
『ベストな充電ケーブル』となるのです!

スポンサーリンク

まとめ

『スマホの充電ケーブル』
のベストな長さと種類♪

9月9日放送のTBS「林先生が驚く初耳学」では、
“スマホ充電の初耳学「充電ケーブルのベストな長さ」”
について紹介されていましたので、

スマホ充電の初耳学!
『充電ケーブルのベストな長さ』
についてまとめてみました!

充電ケーブルの長さや種類で、
充電時間に2時間以上の差があるのは驚きですね!
ぜひ、ベストな充電ケーブルを
購入したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする