【林先生が驚く初耳学】カレーにコーヒーで絶品&食べたくなると風邪の前兆のワケとは?

シェアする

カレーライス

家庭料理の定番『カレー』♪

6月12日の「林先生が驚く初耳学」では、
「カレーにインスタントコーヒーで絶品」&
「カレーを食べたくなったら、風邪の前兆」について、
放送されていましたので、ご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

カレーにインスタントコーヒーで絶品に♪

実は、一般的なカレーにあるものを加えると、
プロをもうならせる本格的な絶品カレーになるそうです!

そのあるものとは、
『インスタントコーヒー』!

出来上がる直前に、
インスタントコーヒーをスプーン1杯入れると、
より美味しくなります♪

コーヒーの苦みで深いコクがでるそう!

ぜひ、試してみたいですね♪

カレーを食べたくなったら、風邪の前兆!

カレーといえば、1927年に日本で初めて、
インドカレーを発売したお店、
「新宿中村屋」が有名ですよね!

今回の「林先生が驚く初耳学」では、
そんな「新宿中村屋」に考案したカレーが採用されたという、
カレー通・ゴスペラーズの黒沢薫さんが出題してくれました!

実はカレーは健康をはかるバロメーターということで、
カレーを食べたくなったら、風邪の前兆なのだそう!

お腹が空いているわけでもないのに、
何の前触れもなく、突然なぜか無性にカレーが食べたくなったら、
風邪の前兆なのだといいます。

そもそも、風邪のウイルスが体内に侵入してくると、
それを倒すために、免疫細胞が活動を始めます。

そして、免疫細胞を普段から貯蔵しているのが肝臓です。

カレーには、肝臓の働きを活発にする成分が含まれています。
カレーに欠かせない香辛料の原料である「ターメリック」に含まれる、
「クルクミン」という成分です!

この「クルクミン」が肝臓の機能をアップさせることで、
大量の免疫細胞が活動し、風邪のウイルスを素早く撃退させます。

スポンサーリンク

人間は、風邪をひき始めると、
肝臓の動きを活発にするために、
本能的にクルクミンを多く含むカレーを欲するそうです!

ちなみに、健康な時にカレーを食べても、
風邪を防ぐ免疫力がアップするそう♪

まとめ

6月12日の「林先生が驚く初耳学」では、
「カレーにインスタントコーヒーで絶品」&
「カレーを食べたくなったら、風邪の前兆」について、
放送されていましたので、ご紹介しました♪

風邪の予防にも効くという事で、
何だか、今すぐカレーが食べたくなりました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする