【林先生が驚く初耳学】バームクーヘン一流の見分け方&デルベアお取り寄せ!

シェアする

美味しい『バウムクーヘン』♪

6月12日の「林先生が驚く初耳学」では、
一流の職人が作ったバームクーヘンの見分け方と、
大人気のバームクーヘン「デルベア」&「ヴィヨン」&
「ユーハイム」について、放送されていましたので、
ご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

バームクーヘンの見分け方♪

『一流の職人が作ったバームクーヘンは、
断面を見ればわかる!』

今回の「林先生が驚く初耳学」では、
日本を代表する有名店のバームクーヘンの断面に共通するという、
一流の証について、紹介されていました♪

実は、一流の職人が作ったバームクーヘンの断面を見てみると、
断面にはいくつもの穴があいており、年輪模様もガタガタ!

つまり、断面が不格好なのが、一流の職人が作った証♪

WS000001

もし、手土産にもらったバームクーヘンが不格好で気泡だらけだった時、
“美味しくなさそう”と思うのは、大間違いです!

一流の職人が作ったバームクーヘンが不格好になる理由は、
生地を混ぜるときに、「乳化剤」を使っていないからです!

「乳化剤」とは、水分と油分を混ぜるもので、
バームクーヘンの場合、卵と油がなかなか混ざらないのですが、
乳化剤を使うと簡単に混ざり合い、気泡も消してくれるため、
美しい焼き上がりとなります。

しかし、一流の職人は、素材本来の味を味わって欲しいと、
乳化剤を使ってはいないのです。

また、本場ドイツでは「乳化剤」を使うと
“バウムクーヘン”とは名乗れないそうです。

「乳化剤」を使わずに、気泡をなるべく少なくするため、
一流の職人は、気泡が大きくなったりするのを、
焼き上がるまで2時間、ひたすら指でつぶし続けるのです。

手間ひまをかけてこそ、
一流のバームクーヘンが出来るんですね♪

大人気!「デルベア」のバウムクーヘン♪

奈良県「デルベア」の『バウムクーヘン』♪
1ホール3,600円(税込)

通販でなんと5カ月待ち状態という、
大人気のバウムクーヘンです♪

濃厚な味になるように、通常50個のところ、
80個もの卵を使用しています。

1本完成するのに、5時間!

ひとつひとつの工程を丹念に手作業で進めるため、
1日2本仕上げるのが限界なのだそう。

スタジオの試食では、
「あ、やさしい味~!
口の中に入れた瞬間、卵のやさしさとバターの香りがふわっと広がって」
「飲み物要らずです!
バームクーヘンって、どうしてもポソポソするじゃないですか。素晴らしい!」

とっても美味しそうですね♪
ぜひ、食べてみたいです♪

お取り寄せは、下記公式サイトから(↓)
『デルベア 公式サイト』

スポンサーリンク

本場ドイツコンテスト金賞「ヴィヨン」のバウムクーヘン♪

東京・世田谷区の洋菓子「ヴィヨン」の『バウムクーヘン1号』♪
2,025円(税込)
WS000002

本場ドイツのコンテストで金賞を受賞した名店です♪

「ヴィヨン」のバウムクーヘン♪(↓)

「ユーハイム」のバウムクーヘン♪

神戸市「ユーハイム」の『バウムクーヘン400g』♪
2,160円(税込)
WS000003

日本で初めてバウムクーヘンを製造販売した名店です♪

「ユーハイム」のバウムクーヘン♪(↓)

<ユーハイム>バウムクーヘン
価格:2160円(税込、送料別)

まとめ

6月12日の「林先生が驚く初耳学」では、
一流の職人が作ったバームクーヘンの見分け方と、
大人気のバームクーヘン「デルベア」&「ヴィヨン」&
「ユーハイム」について、放送されていましたので、
ご紹介しました♪

林先生もそうでしたが、
断面が綺麗なバームクーヘンが一流の職人が作ったものだと、
思ってしまっていたので、結構意外でしたね!

手間ひまをかけて作られた、一流のバームクーヘン、
本当に美味しそうでした♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする