【世界一受けたい授業】熱中症対策!経口補水液の作り方レシピ&インターバル速歩のやり方!

シェアする

真夏の太陽

暑さの厳しい夏に
特に注意が必要な『熱中症』!

7月9日「世界一受けたい授業」では、
『熱中症』をテーマに、様々な熱中症の知識や対策、
暑さに打ち勝つ体を作る方法が放送されていました♪

自宅で簡単!「経口補水液」の作り方レシピや、
熱中症になりにくい体の作り方!
「インターバル速歩」のやり方などについて、
ご紹介します!

スポンサーリンク

『熱中症』の基礎知識!

梅雨が明ける頃から、
患者数が急激に増加する『熱中症』!

猛暑日が続く日本の夏には、
熱中症の対策は必須ですよね!

今回7月9日放送「世界一受けたい授業」では、
様々な熱中症の知識や対策、
暑さに打ち勝つ体を作る方法などが放送されていました。

“熱中症に強い体づくり”について
教えてくれたのは、能勢博先生です。

10日もあれば、
十分暑さに強い体になれるそうです!

■熱中症患者が発生しやすい場所は?

冷房の効いた家の中であれば、
熱中症にはならないと思っていませんか?

実は、熱中症患者のおよそ4割は、
住宅(家)で発生しています!

窓ガラス付近は、冷房をつけていても、
家の外と同じくらいの温度になっている場合もあります。

また、意外な場所では「プール」も危険です。

水の中にいると自覚しずらいですが、
泳ぐ事でたくさんの汗をかいており、
気づかぬうちに脱水状態となり熱中症になりやすいのです。

30分ほど泳いだら、日陰で休憩し、
水分補給をしましょう!

■熱中症の症状「熱失神」とは?

熱中症の症状で一番軽いものが、
「熱失神」と呼ばれるもので、
めまいがして倒れてしまいます。

今回の「世界一受けたい授業」では、
サウナで熱失神の症状を実験していましたが、
サウナに入る前は簡単に出来た片足立ちが、
サウナに入った後では、フラついてしまって、
うまく片足立ちが出来ませんでした。

熱くなり体温が上昇すると、
体の熱を発散しようと、皮膚表面の血流量が増加します。

すると、一時的に脳への血流が減少して
フラついてしまうのです。

この症状が「熱失神」です。

熱失神に脱水が加わると、
ますます体温が上がり、40℃を超えてしまいます。

水分補給しなければ、
命に関わる危険が及ぶこともあるといいます。

■水分補給に適している飲料は?

普段の水分補給に適しているのは、
“水”です。

緑茶などはカフェインが含まれており、
利尿作用があるため、
飲みすぎると、結局、尿として水分が出てしまいます。

また、”水”でも氷水のように冷たすぎるものは、
胃が収縮して負担になってしまいます。

好ましいものは、
“5~15℃の水”です!

水分の吸収力もよく、
クールダウンが効果的に出来ます。

1回に飲む量は、
150~250mlで、こまめに飲みましょう!

一度に大量に飲んでも、
吸収が追いつきませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

自宅で簡単!「経口補水液」の作り方レシピ!

脱水対策としては、「経口補水液」も有名です!

今回の「世界一受けたい授業」では、
家で簡単に作れる
「経口補水液」のレシピも紹介されていました!

■材料
・水…1L
・砂糖…20~40グラム
・塩…3グラム
・レモン…1/2個

■作り方
①水、砂糖、塩を入れて混ぜる
※これだけでも、経口補水液は作れます
WS000002

WS000003

WS000004

②レモン果汁を半個分入れる
WS000005

※一手間加えて、レモン果汁を入れると、
飲みやすくなり、筋肉の動きを助ける”カリウム”摂取も出来ます

③出来上がり♪
WS000006

※作った経口補水液は、
その日のうちに飲みきってください

スタジオでは、スポーツドリンクと同じで、
飲みやすい、美味しいという感想が多かったですが、
能勢博先生によると、
飲みやすいと感じた人は、脱水症状気味なのだそうです。

「経口補水液」を作るのがちょっと面倒という人には、
買い置きしておけるタイプもあります!

人気の「経口補水液」(↓)

熱中症になりにくい体の作り方!

熱中症になりにくい体にするためには、
汗をかきやすい体にする事が大切です。

人は本来、汗をかくことで、
暑さに強い動物なのです。

しかし、最近はクーラーなどが発達し、
暑さに体を慣れさせないという事が起こっています。

「熱中症になりにくい体の作り方」では、
下記を行うことが大事です。

①インターバル速歩
②牛乳を飲む

この2つを行うことで、
10日間で体が変わってくるそうです。

■①「インターバル速歩」のやり方

“早歩き”と”ゆっくり歩き”を、
交互に3分間ずつ行います。

“早歩き”・・・息が弾む程度の速度で大股で歩く
“ゆっくり歩き”・・・周りを眺めながら散歩するくらいで歩く

※1日30分くらい行います。

※ポイントは、ちょっときつめの運動です。

※炎天下での運動は危険ですので、
気温が低い朝や夕方に行いましょう。

※気温が高い日や天気が悪い日は、
室内でスクワットするだけでも良いでしょう。

「インターバル速歩」の目的は、
足の筋肉を鍛えたり、血液量を増やしたりして、
体をみずみずしくすることにあります。

血液を全身(脳にまで)に、
戻すことが出来るようになります。

■②牛乳を飲む

「インターバル速歩」の直後に、
“牛乳”を飲むことで、より熱中症に強い体になります。

「インターバル速歩」をした後、
1時間以内に、牛乳コップ1杯(200ml程度)を飲む。

牛乳に含まれるたんぱく質や糖質には、
肝機能を高め血液量を増やす効果があります。

血液量が増加すると、汗をかきやすくなり、
熱中症予防につながるという研究結果が出ているそうです。

まとめ

7月9日「世界一受けたい授業」では、
『熱中症』をテーマに、様々な熱中症の知識や対策、
暑さに打ち勝つ体を作る方法が放送されていましたので、
自宅で簡単!「経口補水液」の作り方レシピや、
熱中症になりにくい体の作り方!
「インターバル速歩」のやり方などについて、
ご紹介しました!
経口補水液」は、自宅でも簡単に作れるんですね。
とても参考になりました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする