【世界一受けたい授業】腰みがき体操で腰痛改善!新事実「錯覚腰痛」&新常識まとめ!

シェアする

現代人の体の悩みランキング
第1位の『腰痛』!

7月30日「世界一受けたい授業」では、
『腰痛』をテーマに、腰痛の新事実や新常識、
簡単改善方法などが紹介されていました♪

腰痛の新事実!『錯覚腰痛』
1日5分で腰痛改善!『腰みがき』体操のやり方、
などをまとめてみました!

スポンサーリンク

腰痛の新事実!『錯覚腰痛』

現代人の体の悩みランキング
第1位の『腰痛』!

大人だけではなく、
最近では子供でも腰痛に悩んでいるといいます。

アメリカの研究によると、
椎間板ヘルニアや圧迫骨折など、
原因が分かっている腰痛は、わずか約15%。

残りの約85%は、
通常の検査では原因が特定できていないのだそう。

最近、腰痛の新事実
『錯覚腰痛』に注目が集まっています。

なかなか治らない腰痛の原因は、
腰ではなく、脳が関係しているというのです。

3か月以上続く腰痛を「慢性腰痛」と言いますが、
「慢性腰痛」の原因の一つとして、
脳の錯覚から起こる『錯覚腰痛』というものがあるのです。

「重そうな荷物を持った人の写真」を見て、
「腰が痛そう」と思った人は、
『錯覚腰痛』の可能性があります。

愛知医科大学の研究によると、
「重そうな荷物を持った人の写真」を見せたところ、

・腰痛がない人のグループ ⇒ 全員何も感じなかった

・腰痛がある人のグループ ⇒ 全員が「腰が痛そう」などの不快感を示し、
11人中7人が実際に腰に痛みを感じた

過去に腰痛で辛い思いをして、
恐怖の記憶として残っている場合、
痛みの感じ方が鋭くなっているため、
写真を見るだけで脳が敏感に反応し、
実際に腰に違和感や痛みを感じるのだと言います。

また、『錯覚腰痛』のもう1つの新事実としては、
慢性腰痛の人は、健康な人と比べて、
脳の痛みの感覚を抑える「背外側前頭前野(DLPFC)」
の体積が10%少なく、機能が低下しているのだと言います。

腰痛の新常識2つ!

近年の研究でわかった、
腰痛の”新常識”についても紹介されていました!

①腰痛になったら、安静にするのは間違い!

以前は、腰痛持ちは安静にすることが大切と言われていましたが、
今では、症状が出た直後を除いて、多少痛みがあっても、
可能な範囲で体を動かす方が、腰の回復が早いことがわかりました。

②最新の腰痛治療では「抗うつ薬」を処方されることがある

実は、「抗うつ薬」には鎮痛作用があり、
一部に慢性腰痛に直接効果があることがわかりました。

「抗うつ薬」を処方することにより、
患者さんの気分が前向きになり、
腰痛改善の効果が期待できるというのです。

スポンサーリンク

『腰みがき』体操のやり方!

1日5分で腰痛改善!
『腰みがき』体操のやり方をご紹介します!

『腰みがき』とは、
虫歯にならないように、
毎日”歯みがき”を行うのと同じように、

腰痛の痛みのもととなる原因を
毎日の簡単な運動で取り除き、強い腰を作ることをいいます。

■腰みがき基本編①「腰と背中のストレッチ」

①仰向けになり、片方の膝を曲げ、両手で抱える
WS000002

WS000003

②膝を胸につけるように、ゆっくりと引き寄せ5秒キープする
WS000004

③元の位置に膝を戻す
WS000005

④片足10回ずつ繰り返す
※片足10回終わったら、反対の足を10回行います
WS000006

※膝を引き寄せたり戻すときは、
腰まわりから背中を伸ばすイメージを持ちながら、
ゆっくりと行います。

※筋肉が柔らかくなり、腰まわりの血流が良くなります。

■腰みがき基本編②「太ももの裏側ストレッチ」

太ももは、腰のすぐ下の筋肉なので、
腰まわりの緊張も取れ、腰痛改善が期待できます。

①片方の膝を腰のあたりまで上げる
WS000002

②両手を膝の裏に入れて抱える
WS000003

③足が伸びるように膝を伸ばし、5秒キープする
※ももの裏が伸びているということを意識しながら行います
WS000004

④元の位置に膝を戻す
WS000005

⑤1日左右10回ずつ行う
WS000006

■腰みがき応用編①「腹筋強化」

“天然のコルセットを手にいれる腹筋の腰みがき”です。

①仰向けになり、両ひざを立てる
WS000002

②足を肩幅に開く
WS000003

③両手を太ももの上に乗せる
WS000005

④あごを引き、手を滑らせながら、床と背中の間の角度が30度~45度になるまで
上半身をゆっくり起こし、5秒キープする
※腹筋を意識しながら行うことで、より腹筋強化につながります
WS000006

WS000007

⑤元の姿勢に戻す
WS000008

⑥10回繰り返す
WS000009

※起き上がる体勢がつらい場合は、
起き上がろうとお腹に力を入れるだけでもOKです。

■腰みがき応用編②「背筋強化」

「腹筋強化」とセットで行うと効果的なのが、
「背筋強化」の腰みがきです。

腹筋と背筋がバランスよく鍛えられ、
背骨をしっかりと支えられるようになるため、
腰の痛みが出にくくなります。

①おへそ辺りにマット(畳んだバスタオル)を入れる
WS000002

WS000003

②手は気を付けの姿勢で後ろにする
WS000004

③あごを引いて床から10㎝上げ、5秒キープする
WS000005

④元の姿勢に戻す
WS000006

⑤10回繰り返す

長年、腰痛に悩んでいる槙原寛己さんは、
この4種類の腰みがきを2週間実践したところ、
腰痛の症状別指数の全てが改善され、
実際の腰痛もかなり改善されたといいます。

一般モニター4名の方も、
全員が腰痛が改善されました。

『腰みがき』の腰痛改善効果、
素晴らしいですね!

ぜひ、1日5分の『腰みがき』を
続けてみたいと思います。

まとめ

現代人の体の悩みランキング
第1位の『腰痛』!

7月30日「世界一受けたい授業」では、
『腰痛』をテーマに、腰痛の新事実や新常識、
簡単改善方法などが紹介されていましたので、

腰痛の新事実!『錯覚腰痛』
1日5分で腰痛改善!『腰みがき』体操のやり方
などをまとめてみました!

痛みの原因は、
脳の錯覚だったという新事実は驚きでしたね!

1日5分の『腰みがき』
ぜひ実践したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする