世界一受けたい授業 食品保存!手作り麦茶や味噌に一工夫の方法は?

シェアする

『食品保存』で節約!

8月20日の日本テレビ「世界一受けたい授業」では、
『食品保存』をテーマに、手作り麦茶や味噌など、
様々な気になる食品の保存方法が紹介されていました!

食品保存の一工夫最新版!
気になる食品保存ランキングトップ5の保存方法
などをまとめてみました!

スポンサーリンク

最新版!『食品保存』の一工夫!

日常、『食品保存』に気を使っていますか?

実は、日本では、食べられずに捨てられる商品が、
1年間でおよそ632万トンもあるといいます。

1人あたりにすると、約50㎏!

金額にすると、4人家族1世帯辺り、
なんと、年間約6万5千円も捨てている事になるそうです!

原因の一つが、
間違った保存方法で食材腐らせ、
捨ててしまうことにあります。

今回の「世界一受けたい授業」で、
正しい『食品保存』の方法について教えてくれたのは、
東京農業大学元教授・徳江千代子先生です!

徳江千代子先生の著書♪(↓)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

食品の保存テク [ 朝日新聞出版 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/8/22時点)

徳江千代子先生が教えてくれた、
気になる食品保存ランキングトップ5や、
いちごの保存方法などをまとめてみました!

『いちご』の保存方法!

『いちご』を長持ちさせる保存方法は、
A「汚れを丁寧に水で洗って、水を切ってから、容器に入れて冷蔵庫保存する」

B「洗わずに容器に入れて冷蔵庫保存する」

どちらの方法だと思いますか?

正解は、
B「洗わずに容器に入れて冷蔵庫保存する」!

一見、Aの”水で洗ってから保存する”方が、
丁寧で良さそうに思えますよね!

しかし、1週間冷蔵庫で保存したいちごを比べてみると、
Aの”水で洗ってから保存する”方のいちごは、
カビが生えたり、傷んだりしています。

Aの方は、4個中3個のいちごがダメになってしまいました。

しかし、Bの”洗わずに保存する”方のいちごは、
綺麗なまま、4個とも傷んではいませんでした。

実は、いちごの保存に大敵なのは、“水分”です!

洗った後、水を切ったつもりでも、
わずかな水分がつくと、一気に傷みやすくなってしまいます。

いちごは、食べる直前まで
洗わずに保存するのがベストです!

気になる食品保存ベスト5!

街の人達が気になる“食品保存ランキング”
トップ5です!

■第5位『みそ』の保存方法!

『みそ』を長持ちさせる保存方法で、
気になるのが、みその上にある“薄い紙”!

この薄い紙は、
A「とった方がいい」

B「とらない方がいい」

どちらだと思いますか?

正解は、B「とらない方がいい」!

みそは、空気に触れるだけで酸化が進んでしまいます。
出来るだけ、空気を遮断するのが、保存の大切なポイントです!

薄い紙1枚でも、
酸化と乾燥を防ぐことが出来ます。

みその使用後は、
ヘラやスプーンなどで表面を平らにし、
その上に薄い紙を密着させてフタをしましょう!

少し手間ですが、
これをしないと、空気に触れる面積が大きくなってしまいます。

薄い紙のシートをうっかり捨ててしまった場合は、
代わりに、ラップを使っても大丈夫です。

■第4位『手作り麦茶』の保存方法!

『手作り麦茶』の正しい保存方法は、
A「煮出してから、急速に冷やし冷蔵庫で保存」

B「煮出してから、ゆっくり粗熱をとって冷蔵庫で保存」

どちらの方法だと思いますか?

正解は、
A「煮出してから、急速に冷やし冷蔵庫で保存」!

Aの「煮出してから、急速に冷やし冷蔵庫で保存」の場合は、
麦茶の中の菌は、日数が経ってもほぼ増えません。

しかし、Bの「煮出してから、ゆっくり粗熱をとって冷蔵庫で保存」の場合は、
3日目くらいから菌が急激に増えてきます。

せっかく煮出して熱を通しても、
ゆっくり温度を下げると、菌は増えてしまいます。

菌が増えた状態で冷蔵庫へ入れても、
菌はますます増えてしまうだけなのです。

一方、手軽な水出しタイプの麦茶は、
煮出した場合よりも日持ちが悪いです。

2日で飲みきるようにしましょう!

スポンサーリンク

■第3位『果物(桃)』の保存方法!

『桃』をおいしいまま保存する方法は、
A「冷蔵庫で保存」

B「常温で保存」

どちらの方法だと思いますか?

正解は、
B「常温で保存」!

桃は冷蔵庫で保存すると、
水分が抜け、甘みも少なくなってしまいます。

常温保存する場合には、
キッチンペーパーで包んで、
風通しの良い場所に保存します。

キッチンペーパーで包んだ桃と、
包んでいない桃の1週間後を比較すると、

キッチンペーパーで包んでいない桃の方は、
表面は変色し、シワシワになり、
かなり傷んでいます。

しかし、キッチンペーパーで包んだ桃の方は、
黒い変色も少なく、表面もしっかりしています。

中身を比べても、
キッチンペーパーで包んでいない桃の方が
激しく傷んでいます。

常温で保存した桃は、
食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やすと、
美味しくいただけます!

■第2位『肉』の保存方法!

『肉』は、買って来てそのまま冷蔵庫に入れがちですが、
それでは正しい保存方法ではありません。

ポイントは、とにかく空気に触れさせない事!

肉は、空気に触れると、
すぐに酸化して傷みやすくなります。

余った肉をトレーに入れてラップをして、
冷蔵庫に保存するのも正しい保存方法ではありません。

長持ちする冷蔵方法は、
「肉の表面をペーパーで拭いて、
1枚ずつ空気が入らないようにラップで包み、
密閉袋に入れてチルド室で保存する」!

肉を冷凍保存する場合は、
そのまま冷凍すると、肉の旨味が減ってしまいます。

肉を美味しく長持ちさせる為に、冷凍前にすることは、
「肉を氷水にくぐらせる」です!

肉を氷水にくぐらせると、
肉の表面に氷の膜ができます。

この膜が、肉の酸化や乾燥を防いでくれます。

肉全体を氷水にさっとくぐらせたら、
水分を拭き取らずにラップして、そのまま冷凍庫へ入れます

解凍する時、氷が溶けるとともに、
多少肉汁も出ますが、
この方法が確実に肉の酸化や劣化を防ぎ、
美味しくいただけます。

■第1位『野菜(カボチャ&レタス)』の保存方法!

■カボチャ
使いかけの『カボチャ』を長持ちさせる保存方法は、
A「種をとって保存」

B「種はとらずに保存」

どちらの方法だと思いますか?

正解は、
A「種をとって保存」!

丸ごとのカボチャの場合は、
風通しの良い場所で2~3か月保存可能です。

しかし、カボチャは切ると傷みが早いので、
注意が必要です。

カボチャの種は、栄養を多く含んでいるので、
その部分から傷んできてしまいます。

スプーンで種をきれいに取り除き、
空気に触れないように、ラップでキッチリと覆い、
野菜室で保存しましょう!

■レタス
『レタス』を1玉全部使い切るのは、
なかなか大変ですよね!

しかし、包丁で切って残りを保存するのは、
間違った保存方法です。

実は、レタスは金属にあたると、
その部分が変色しやすく、
細胞が崩れて、味も落ちてしまうのです。

丸ごと買って、全部食べない場合は、
外から1枚ずつ剥がして使い、
残りを保存しましょう!

残ったレタスを簡単に長持ちさせる方法は、
「つまようじをレタスの芯に3~4本刺した後、
ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存する」です!

つまようじを刺したレタスと、
そのままのレタスを比べてみると、
そのままのレタスの方は、2日目から
次第に変色して、4日目には、茶色く変色ししんなりとしています。

しかし、つまようじを刺したレタスの方は、
4日目になっても、みずみずしいままです。

実は、レタスは収穫後も成長しようとします。
しかし、新たなエネルギーを十分に作れない為、
葉に残ったエネルギーを取ってしまい、
レタスの葉が傷んでしまうのです。

レタスの芯につまようじを刺すことで、
レタスが成長しようとする働きを
弱めることが出来るというワケです。

まとめ

『食品保存』で節約!

8月20日の日本テレビ「世界一受けたい授業」では、
『食品保存』をテーマに、手作り麦茶や味噌など、
様々な気になる食品の保存方法が紹介されていましたので、

食品保存の一工夫最新版!
気になる食品保存ランキングトップ5の保存方法
などをまとめてみました!

ちょっと一工夫するだけで、
家計を節約できるって、素晴らしいですね。

ぜひ、今後は食品保存の意識を
高めていきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする