レモン酢の作り方レシピ!飲み方や保存&効果効能まとめ【サタデープラス】

シェアする

『レモン酢』で肌&血管若返り!

9月17日のTBS「サタデープラス」Dr.プラスのコーナーでは、
肌年齢&血管年齢若返り効果の調味料として
『レモン酢』について放送されていました!

『レモン酢』の作り方、保存方法、飲み方、
効果効能、アレンジレシピなどについて、
まとめてみました!

スポンサーリンク

『レモン酢』の効果&効能について!

夏の終わり、
汗に水分を奪われ、血液はドロドロ、
紫外線で肌はボロボロに老け込んでいませんか?

そんな肌と血管の若返りに効果的な調味料が、
『レモン酢』です!

ws000011

今回の「サタデープラス」で、
『レモン酢』について教えてくれたのは、
“酢ショウガ”提唱でもお馴染みの
石原クリニック副院長・石原新菜ドクターです。

石原新菜ドクターの著書(↓)

『レモン酢』は、レモンと酢のダブルで、
高い健康効果が期待できます。

レモンに含まれる「レモンポリフェノール」は、
肌の活性化脂肪の吸収を抑制する効果があり、
動脈硬化の予防も期待できます。

「レモンポリフェノール」は、
皮に多く含まれていますので、
皮ごと食べられるレモン酢は理想的です。

酢に漬けこむ事で、
皮が柔らかく食べやすくなります。

また、レモンの皮には、ビタミンCも豊富な為、
美白作用抗酸化作用もUPします。

そして、酢に含まれる「酢酸」は、血管を拡張し、
レモンに含まれる「クエン酸」
血流を改善する効果がありますので、

酢が血管を広げて、レモンが血液を流すという、
血管にとって理想的な組み合わせなのです。

さらには、レモンのビタミンCの吸収力を
酢が高めるという効果もあります!

“レモン”と”酢”、
素晴らしい組み合わせですね!

また、レモンの「クエン酸」には、
カルシウムの吸収を助ける働きがあるので、
骨の若返り効果も期待できます!


スポンサーリンク

『レモン酢』の作り方レシピ!

■材料(約12日分)
・国産レモン…2個
・醸造酢…400ml
・はちみつ…60g

※輸入レモンは、ワックスや防カビ剤がついている場合もありますので、
皮ごと食べられる国産レモンがオススメです

※良いレモンを選ぶコツは、肌のつるつるしたレモンを選ぶことです。
果汁がしっかり入っています

※お酢はどんなお酢でも大丈夫ですが、
肌効果や美味しさを追求する人には「リンゴ酢」がオススメです

※「リンゴ酢」に含まれるペクチンには、高い整腸効果があり、
腸内環境の改善・肌荒れ防止効果が期待できます

※材料費は、1日あたり約50円です

■作り方
①レモンをしっかりと洗い、水気を拭きとる
ws000012

ws000013

②輪切り(幅5mm)にしてから、8等分にして種を取る
ws000014

ws000015

ws000016

③保存瓶に、レモン、酢、はちみつを入れ、軽くかき混ぜる
ws000018

ws000017

④ひと晩、漬けこんだら完成
ws000019

『レモン酢』の保存について!

保存期間は、
冷蔵庫で約1カ月可能です!

『レモン酢』の飲み方!

『レモン酢』の飲み方(摂り方)は、
1日大さじ5杯以上とるだけでOK!

お酢ですがすっぱくはなく、
本当にまろやかで美味しく飲めます。

もちろん、皮も食べましょう!

レモンポリフェノールの量は、
皮は果汁の20倍も含まれています。

皮をとることで、
健康効果が増大します。

スポンサーリンク

『レモン酢』アレンジ摂取方法まとめ!

「サタデープラス」で紹介された
『レモン酢』のアレンジ方法をまとめてみました!

■さんま

ws000020

すだち代わりに、さんまにレモン酢をかけます

■炒め物

ws000021

炒め物に入れます

■パスタ

ws000022

パスタに入れると、味に深みが出てさっぱり感がUPします

■肉

ws000023

肉をレモン酢に漬けると、柔らかジューシーになります。
レモン酢バターソースなども、オススメです。

■タルタル風ソース

ws000026

マヨネーズと混ぜるだけで、
タルタル風ソースになります。

■サラダ

ws000035

サラダにかけ、ドレッシング代わりに使います

※レモン酢をドレッシング代わりに使うのは、
高い減塩効果が得られます

■ちらし寿司

ws000027

レモン酢をご飯に混ぜて、ちらし寿司にします

■マリネ

ws000028

レモン酢で簡単マリネにします

レモン酢アレンジレシピ!『カッテージチーズ』の作り方!

大場久美子さんオススメの食べ方!
『カッテージチーズ』の作り方レシピです!

■材料
・牛乳…150ml
・レモン酢の酢…大さじ2
・果肉…大さじ2

■作り方
①牛乳を約70℃に温める
ws000029

②レモン酢を入れて混ぜる
ws000030

ws000031

牛乳が分離して固まってきます
ws000032

③ペーパータオルでこす
ws000033

④出来上がり
ws000034

ちょこっとハチミツをかけて、
デザート風にいただきます!

味はレアチーズのもうちょっと
お豆腐っぽい感じなのだそう!

美味しそうですね!

『レモン酢』の効果がスゴイ!

今回の「サタデープラス」
2週間のレモン酢生活にチャレンジしたのは、
松崎しげるさんと、大場久美子さんです!

2人の2週間の「レモン酢生活」の結果は、

【松崎しげるさん(実年齢66歳)】
・肌の明るさ83歳→83歳
・肌のきめ64歳→54歳
・血管年齢80歳以上→71歳

【大場久美子さん(実年齢56歳)】
・中性脂肪163→134
(※基準値30-149)

・しわ年齢64歳→53歳

・血管年齢67歳→50歳

一般女性4人も、
2週間の「レモン酢生活」に挑戦しました。

【一般女性4名の結果】
<肌年齢(きめ)>
・55歳→55歳
・61歳→65歳
・61歳→43歳
・52歳→45歳

<肌年齢(水分値)>
・35歳→35歳
・65歳→42歳
・43歳→43歳
・45歳→45歳

<血管年齢>
・62歳→49歳
・61歳→43歳
・40歳→28歳
・67歳→60歳

<ウエスト>
・82.0cm→81.5cm
・75.0cm→71.7cm
・94.5cm→91.0cm
・82.0cm→78.0cm

全員お通じがよくなり、
ウエストはダウン!

中性脂肪の数値も大幅に改善されていました。
素晴らしい効果ですね!

まとめ

『レモン酢』で肌&血管若返り!



9月17日のTBS「サタデープラス」Dr.プラスのコーナーでは、
肌年齢&血管年齢若返り効果の調味料として
『レモン酢』について放送されていましたので、



『レモン酢』の作り方、保存方法、飲み方、
効果効能、アレンジレシピなどについて、
まとめてみました!

美味しく簡単に作れて、
効果もすごかったですね!
ぜひ、実践したいと思います!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする