【NHKガッテン】頻尿&尿もれ&残尿感を全改善!お尻体操のやり方!

シェアする

『頻尿・尿もれ・残尿感』
“三大不快尿”の悩みを全部改善!

10月19日のNHK「ガッテン」では、
『快尿!おしっこトラブル 全部解決の5秒ワザ』をテーマに、
“三大不快尿”の悩みを解決する方法が放送されていました!

超簡単!頻尿・尿もれ・残尿感を全部改善!
『お尻体操』のやり方
頻尿を招く『トイレの悪い習慣と改善方法』
についてまとめてみました!

スポンサーリンク

『頻尿・尿もれ・残尿感』の原因!

『頻尿・尿もれ・残尿感』
“三大不快尿”のツライ尿の悩み!

その悩みの原因は、
実は、“ぼうこう”が血流不足で
硬くなっていることにあります。

ぼうこうは、本来は風船のように柔らかく、
尿をためるために大きく膨らみます。

人間のぼうこうであれば、
300~500mlは溜められるのです。

しかし、加齢とともに、
ぼうこうの柔らかさは少しずつ失われ、
『頻尿・尿もれ・残尿感』など、
様々な不快尿の症状を引き起こす
原因となっているのです。

<頻尿の原因>
硬くなったぼうこうは、伸びにくくなり、
たくさん尿を溜められずに頻尿になってしまいます。

<残尿感の原因>
硬くなったぼうこうは、縮みにくくなり、
尿を勢いよく出しにくい状態になり、
残尿となってしまいます。

<尿もれの原因>
硬くなったぼうこうは、尿の出入り口にも弾力がないので、
ちょっとした拍子に尿漏れになってしまいます。

しかし、硬くなってしまったぼうこうは、
実は柔らかいぼうこうに復活できるのです!

その方法が『お尻体操』です!

超簡単!『お尻体操』
快尿生活を目指しましょう!

『お尻体操』のやり方!

硬くなったぼうこうを柔らかくする方法は、
“肛門を締めたり緩めたりすること”です!

『お尻体操』のやり方をまとめてみました!

■やり方
①お尻の穴を5秒間ギューッと締めたあと、ゆっくり緩める
※肛門をしめやすい下記の3つのポーズで行うのが効果的です

・座りながら
・つま先立ち
・寝ながら

②①を1日合計20回行う

※少しずつでも毎日続けることが大切です
※4週間程で効果が現れ、3か月で多くの人の症状が改善します

『お尻体操』により、
骨盤底筋を動かすことが出来、
ぼうこうの血流が改善します。

血流の流れがよくなり、
血液が酸素を運ぶことで、
ぼうこうが柔らかくなるのです。

スポンサーリンク

『頻尿』を招く悪習慣を改善!

実は、『頻尿』は、
高齢の人だけの悩みではないといいます。

ある悪いトイレ習慣により、
若い人でも『頻尿』になってしまうことがあります。

それは、“こまめなトイレ”の習慣!

私達の体には、ぼうこうの溜まり具合で、
尿意を伝えてくれる“尿センサー”があります。

“尿センサー”は、ぼうこうの半分程まで尿がたまると、
最初の尿意である「お知らせ尿意」を伝えてくれます。

つまり、最初の尿意では、
まだぼうこうに半分しか尿は溜まっていないのです。

しかし、最初の尿意「お知らせ尿意」のたびに、
念のためと、“こまめなトイレ”習慣を長く続けていると、
尿センサーは、「この溜まり具合が限界だ」と勘違いして、
本来はまだ、ぼうこうに尿をためられる余裕があるのに、
“限界”という強い尿意を伝えてしまうのです。

これが『頻尿』の原因となるのです。

治す一番の方法は、“我慢する”ことです!
我慢を続けることで、
尿センサーが正常に働くようになります。

■尿トレーニングの方法

“我慢”する尿トレーニングを無理なく続けるコツ!

①自宅で練習するのがオススメ
※トイレがすぐ近くにあるという安心感が心に余裕を作ります

②少しずつ我慢の時間を延ばす
※尿意がきたらまずは5分、次は10分というように、徐々に時間をのばしていきましょう
※尿意には波があり、意外にすぐに消えるといいます

目標は、「2時間ごとのトイレ」!

※我慢するとき、「お尻体操」をすると尿意が紛れます
※すでに泌尿器科で治療中の人は医師と相談しましょう

スポンサーリンク

まとめ

『頻尿・尿もれ・残尿感』
“三大不快尿”の悩みを全部改善!

10月19日のNHK「ガッテン」では、
『快尿!おしっこトラブル 全部解決の5秒ワザ』をテーマに、
“三大不快尿”の悩みを解決する方法が放送されていましたので、

超簡単!頻尿・尿もれ・残尿感を全部改善!
『お尻体操』のやり方&
頻尿を招く『トイレの悪い習慣と改善方法』
についてまとめてみました!

念のために行くトイレが、
頻尿を招くというのは、驚きでしたね!
今後は、適度に我慢していくことも大切ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする