缶コーヒー『微糖』の砂糖の量!意外な事実とは?【林先生が驚く初耳学】

シェアする

缶コーヒー『微糖』に含まれる
砂糖の量、気になりますよね!

実は、『微糖』という言葉には、
意外な落とし穴があることをご存じですか?

9月4日のTBS「林先生が驚く初耳学」では、
缶コーヒー”微糖”の意外な落とし穴!
について放送されていました。

缶コーヒー『微糖』に含まれる糖分(砂糖)の含有量と、
その意外な落とし穴についてまとめてみました!

スポンサーリンク

缶コーヒー『微糖』!砂糖の量&意外な落とし穴について!

私たちが日常よく飲む、『缶コーヒー』!

国民一人当たり、年間100本以上の
缶コーヒーを消費しているといいます。

缶コーヒーの中でも、
糖分(砂糖)を気にする人達に人気なのが、
『微糖』タイプですよね!

実は、この『微糖』という言葉に、
意外な落とし穴があるのをご存知ですか?

今回のTBS「林先生が驚く初耳学」では、
『微糖』の意外な落とし穴!
「缶コーヒーの微糖は2種類ある」
という事が放送されていました。

実は、同じ『微糖』でも、
異なる2種類の基準があり、
それを知らずに選ぶと、
糖分(砂糖)を摂り過ぎる恐れがあるというのです!

一言でいうとそれは、
『絶対表示と相対表示の違い』にあります。

「絶対」…超越(他のものを超えている、比べようもなく)

「相対」…関係(他との関係や比較で成り立っている)

■缶コーヒーの糖質(砂糖)の含有量(100gあたり)
・通常の缶コーヒー … 約7.5g

・微糖(絶対表示) … 2.5g以下

・微糖(相対表示) … 通常の缶コーヒーより、100gあたり2.5g以上少ない

通常の缶コーヒーには、
100gあたり、約7.5gの糖質(砂糖)を含まれています。

微糖の”絶対表示”の缶コーヒーは、
100gあたり、2.5g以下の糖質(砂糖)です。

しかし、微糖の”相対表示”の缶コーヒー(糖類50%減など)では、
その会社の通常の缶コーヒーよりも、
糖質(砂糖)が少ないという表示に過ぎません!

※但し、通常のものより、
100gあたり2.5g以上は糖質(砂糖)が少ない
という基準があります。

つまり、通常の缶コーヒーの約7.5gの糖質(砂糖)より、
2.5g少ないということは、約5.0gの糖質(砂糖)です。

微糖の”絶対表示”の缶コーヒーの、
100gあたり、2.5g以下の糖質(砂糖)と比べると、
相当多い糖質(砂糖)を摂取していることになりますよね!

絶対表示”微糖”は、
1缶あたりで、角砂糖1個分以下!

相対表示”微糖”は、
1缶あたり最大、角砂糖2個分の場合も!

絶対表示”微糖”と相対表示”微糖”では、
100gあたり、2.5g以上の糖質(砂糖)の差があるのです!

缶コーヒー『微糖』の違い、
糖質(砂糖)の量を気にしている人は、
ぜひ、注意して選びたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

缶コーヒー『微糖』に含まれる
砂糖の量の意外な落とし穴!

9月4日の「林先生が驚く初耳学」では、
缶コーヒー”微糖”の意外な落とし穴!
について放送されていましたので、

缶コーヒー『微糖』に含まれる糖分(砂糖)の含有量と、
その意外な落とし穴についてまとめてみました!

『微糖』という言葉には、
異なる2種類の基準があったんですね。

今後は、よく注意して、
缶コーヒー『微糖』を選びたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする