フットカバーが脱げる!脱げない対策方法!原因と裏技【ソレダメ】

フットカバーが脱げにくくなる対策方法♪

6月13日のテレビ東京
「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」では、
”今すぐ試したくなる新常識”で、
『フットカバーが脱げにくくなる対策方法』が紹介されていました!

『フットカバーが脱げにくくなる対策方法』
について、まとめてみました!

スポンサーリンク

『フットカバーが脱げにくくなる対策方法』!

今回の「ソレダメ」では、
“今すぐ試したくなる新常識”で、
『フットカバーが脱げにくくなる対策方法』が放送されていました!

暑くなってくると、
服だけでなく足元も衣替えの季節!

パンプスやスニーカーを履いた時、
足元を涼しげにみせる短い靴下、
通称“フットカバー”!

…でも、いざ歩いてみると、
“フットカバー”は、
かかとの方からズルズルと脱げてきてしまい、
イライラする!…なんて経験ありますよね。。

そんなフットカバーのイライラが解消できる、
“フットカバーが脱げにくくなる”
新常識についてまとめてみました!

■やり方
フットカバーは、つま先から履くのではなく、
かかとから履く!

実は、“フットカバーは、
かかとから履くと脱げにくい”のです!

フットカバーのすべり止めは、
ほとんどがかかと側についています!

ポイントは、
かかとについている“すべり止め”!

すべり止めをかかとに密着させてから、
つま先側を履くと、
すべり止めがしっかりとかかとにフィットして、
密着度に大きな差が出るのです!

「かかとから履いた場合」「つま先から履いた場合」で、
どの程度違うのか、長い階段で実験したところ、

<かかとから履いた場合>
「1番上(136段)まで上がっても脱げなかったので、
さらに下まで降りた(136段)」

合計272段でも脱げなかった!

<つま先から履いた場合>
「登った段数は、83段」

83段で脱げた!

「かかとから履いた場合」の脱げにくさの効果、
スゴイですね!

フットカバーの新常識!
『フットカバーはかかとから履くと脱げにくい!』
ぜひ、試してみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

フットカバーが脱げにくくなる対策方法♪

6月13日のテレビ東京
「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」では、
”今すぐ試したくなる新常識”で、
『フットカバーが脱げにくくなる対策方法』が紹介されていましたので、

『フットカバーが脱げにくくなる対策方法』
について、まとめてみました!

かかとから履くといいんですね!
ぜひ試してみたと思います!

スポンサーリンク

フォローする