豆苗の再生栽培の切り方&育て方(水・場所)のコツ!【ソレダメ】

豆苗の再生栽培の切り方&育て方♪

6月13日のテレビ東京
「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」では、
”今すぐ試したくなる新常識”で、
『豆苗をもっとお得に食べれられる方法』が紹介されていました!

豆苗をもっとお得に食べれられる!
『豆苗の再生栽培の切り方&育て方(水・場所)』
について、まとめてみました!

スポンサーリンク

『豆苗の切り方』のコツ!

今回の「ソレダメ」では、
“今すぐ試したくなる新常識”で、
『豆苗をもっとお得に食べれられる方法』が放送されていました!

今、野菜売り場で、
大人気の“豆苗”!

ビタミンCやベータカロテンが豊富な上、
1パックおよそ100円とお手頃価格です。

しかも、根元を残して育ててれば、
また生えてくる“再生栽培”が出来る、
とってもお得な野菜です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

豆苗はNewヒーロー! (ORANGE PAGE BOOKS おトク素材でCookin)
価格:359円(税込、送料無料) (2018/6/14時点)

豆苗をお得に食べるには、
根元ギリギリでカットするのではなく、
少し長めにカットするのが良いのだそう!

豆苗をカットする時は、
成長点である「脇芽」を残します!

「脇芽」とは、
茎の根元から出た小さな葉っぱのような部分です。

「脇芽」は、新しい豆苗が生えるために、
細胞分裂が活発に行われる成長点にあたりますので、
「脇芽」を残した方が、より早く多くの豆苗が生えるのです!

「脇芽を残した豆苗」と「脇芽をカットした豆苗」を比べてみると、
その違いは一目瞭然です!(↓)

17:54

豆苗の新常識!
『豆苗は、脇芽を残してカットする!』
ぜひ、試してみたいですね!


スポンサーリンク

『豆苗の育て方』コツ!

“切り方”の他にも、
『豆苗がより早く育つポイント』があります!

<豆苗がより早く育つポイント①>

「1日1回 水を替える」

<豆苗がより早く育つポイント②>

「日当たりと風通しのいい場所で育てる」

スポンサーリンク

まとめ

豆苗の再生栽培の切り方コツ♪

6月13日のテレビ東京
「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」では、
”今すぐ試したくなる新常識”で、
『豆苗をもっとお得に食べれられる方法』が紹介されていましたので、

豆苗をもっとお得に食べれられる!
『豆苗の再生栽培の切り方&育て方(水・場所)』
について、まとめてみました!

豆苗の再生栽培、お得ですよね!
ぜひ試してみたと思います!

スポンサーリンク

フォローする