マツコの知らない世界 風鈴!土田義郎さん厳選7種の風鈴がスゴイ!

マツコの知らない
『風鈴』の世界♪

6月14日放送の「マツコの知らない世界」では、
1万種類以上の風鈴の音を聞き分ける男という土田義郎さんが、
夏を涼しくする風鈴の世界!音色が違う!厳選7種
最新おすすめ「風鈴」を紹介してくれました♪

スポンサーリンク

『風鈴』の世界♪

今回、6月14日放送の「マツコの知らない世界」で、
夏を涼しくする「風鈴の世界」を紹介してくれたのは、
土田義郎(つちだ よしお)さん♪

土田義郎
出典:https://www.facebook.com

土田義郎さんの詳しいプロフィールについては、こちら♪(↓)
『土田義郎(風鈴作家)のWiki学歴&経歴!年齢や結婚は?オススメ風鈴!【マツコの知らない世界】』

1万種類以上の風鈴の音を聞き分ける男という、
マツコも驚く風鈴マニアの土田義郎さんが、
最新おすすめ『風鈴』を紹介してくれました♪

風鈴の音色には清涼効果があります。

風鈴が鳴ると、脳が「風が吹いている」と思い込み、
涼しく感じるのだそうです♪

土田義郎さんおすすめ最新『風鈴』7種類!

風鈴作家・土田義郎さんが教えてくれた、
1000種類から厳選7種!
最新おすすめ「風鈴」をご紹介します♪

■第7位『虹色風鈴』

土田義郎さん厳選7種の第7位は、

『虹色風鈴』
(価格:S:5,000円(税抜), M:6,000円(税抜))

シャボン玉のような優しい音色の風鈴♪

ガラスメーカーSghr(スガハラ)がデザイナーと共同開発しています。

『Sghr公式サイト』

ガラス製のため、控えめな響きです。

特殊な加工でシャボン玉のように光を反射します。

シャボン玉のように美しいので、
インテリアにも最適です♪

■第6位『ウィンドチャイム』

土田義郎さん厳選7種の第6位は、

ウッドストック パーカッション社『ウィンドチャイム』
(参考価格:2,600円~)

小澤征爾さんが認めた音色の風鈴♪

オーケストラで使用されたそうです♪

色々種類が出ているようです♪

■第5位『南部鉄(岩手)×竹細工(静岡)風鈴』

土田義郎さん厳選7種の第5位は、

『南部鉄(岩手)×竹細工(静岡)風鈴』
(参考価格:3,800円~)

900年続く伝統の音の進化♪

南部風鈴は日本で一番売れている風鈴です。

伝統工芸品「竹千筋細工」とコラボしており、
繊細な細工が施されています♪

■第4位『紀州備長炭風鈴』

土田義郎さん厳選7種の第4位は、

『紀州備長炭風鈴』
(参考価格:1,500円)

枕元でそよ風を感じられる風鈴♪

炭の密度が高く、金属音のような高い音色。
カンカンというとても良い音色です♪

夏の暑い夜に枕元に置くと、
一段と涼しさを感じさせてくれます♪

スポンサーリンク

■第3位『能作』

土田義郎さん厳選7種の第3位は、

『能作』
(参考価格:3,500円~)

仏具から生まれたインテリア風鈴♪

「能作」は、1916年創業の富山県高岡市の鋳物メーカーです。

現在は、10人のデザイナーとコラボした、
風鈴が色々と出ているそうです。

真鍮ならではの澄み切った音色がいいのだそう♪

■第2位『砂張風鈴』

土田義郎さん厳選7種の第2位は、

小田原鋳物研究所『砂張風鈴(さはりふうりん)』
(参考価格:21,000円~)

風鈴界のベンツ♪

銅と錫(すず)の合金で響きの長い音色です♪

■第1位『江戸風鈴』

土田義郎さん厳選7種の第1位は、

『江戸風鈴』
(参考価格:1,700円~)

大正13年生まれの伝説の職人・篠原儀治さんが作る傑作♪

赤色が伝統的なもので、
創業当初はほとんど赤色だったそうです。

切り口はあえてギザギザになっていて、
棒がこすれて独特な音色になります♪

通常のガラスでは出せない繊細な音色が魅力です♪

篠原さんのお孫さんが作ったマツコさんの風鈴も
すごく似ていて見事でしたね♪

まとめ

6月14日放送の「マツコの知らない世界」では、
1万種類以上の風鈴の音を聞き分ける男という土田義郎さんが、
夏を涼しくする風鈴の世界!音色が違う!厳選7種
最新おすすめ「風鈴」を紹介してくれましたので、
まとめてみました♪

風鈴の涼やかな音色に、
日本の情緒を感じますね♪

土田義郎さんの詳しいプロフィールについては、こちら♪(↓)
『土田義郎(風鈴作家)のWiki学歴&経歴!年齢や結婚は?オススメ風鈴!【マツコの知らない世界】』

スポンサーリンク

フォローする