【ZIP】究極のチョコレート作り方レシピ『ハート木苺フランボワーズ』

ピエール・マルコリーニ氏直伝!
“究極のチョコ”の作り方♪

 

2月13日の日本テレビ「ZIP!」では、
“ピエール・マルコリーニ伝授!究極のチョコの作り方”
について放送されていました!

 

ピエール・マルコリーニ氏 直伝!究極のチョコレート!
『クール フランボワーズ”木イチゴのハート風チョコ”』
の作り方レシピについてまとめてみました!

スポンサーリンク

『究極のチョコレート!クール フランボワーズ』の作り方レシピ!

今回の「ZIP!」では、
“ピエール・マルコリーニ伝授!究極のチョコの作り方”が特集され、
『家庭で作れる”クール フランボワーズ”の作り方レシピが紹介されていました!

 

ピエール・マルコリーニ氏 直伝!究極のチョコレート!
『クール フランボワーズ”木イチゴのハート風チョコ”』

の作り方レシピについてまとめてみました!

 

■材料(約35個分)
・ミルクチョコレート…80g
・ダークチョコレート…120g

・無塩バター…10g
・ココアパウダー…適量
・フランボワーズのパウダー…適量

<A>
フランボワーズのピューレ…35g
・生クリーム…80g
・転化糖…3g
・水あめ…10g

「フランボワーズのピューレ」を「いちごジャム」で代用する場合
・いちごジャム…55g
・生クリーム…110g
・転化糖…なし
・水あめ…なし
※その他の材料は同じ


スポンサーリンク

■作り方
①ミルクチョコレートとダークチョコレートを細かく切る
<ポイント①「チョコを簡単に切る方法」>
「包丁の刃の真ん中を使って切る」
※包丁の力が一番伝わるのは真ん中です
※刃の真ん中を使い、チョコの角から切っていくと楽に切れます

 

②刻んだチョコをボウルに入れ、お湯を張った鍋にボウルを入れて
チョコを湯せんで溶かす
ボウルが温まったら、すぐ火から離し、余熱でゆっくり溶かす
<ポイント②「湯せん」>
「湯せんは余熱でじっくり!」
※チョコレートに含まれるカカオバターが溶ける温度は約35℃です
※温度が高いとチョコが分離しザラザラになってしまいます

 

③チョコに混ぜるソース作り。
小鍋に<A>の材料(水あめ・生クリーム・フランボワーズのピューレ転化糖)を入れて混ぜ、中火でフツフツするまで温める
※転化糖を入れるとチョコの中身に弾力が出ます


④溶かしたチョコレートに、③のソースを3回にわけて加える


⑤さらに④に、バターを加えてよく混ぜる


⑥チョコレートをブレンダーで約1分カクハンし、乳化させる
<ポイント③「攪拌(カクハン)で乳化」>
※チョコレートには脂肪分が多く含まれていて、油が主成分です
※その中に水分の多いピューレや生クリームを入れるとよく混ざらないのです
※攪拌をせずにチョコレートを冷やすと、油分が分離し口当たりが悪くなります
※攪拌して、しっかり乳化させることで、口当たりまろやかなプロのようなチョコレートになります
※ブレンダーの代わりに、フードプロセッサーを使ってもOK!

 

⑦チョコレートを絞り袋に入れ、シリコン製のハートの型に入れる


⑧冷凍庫で約3時間冷やす

<ポイント④「冷凍庫で素早く固めよう!」>
「冷蔵庫ではなく、冷凍庫!」
※冷蔵庫で固めるととても時間がかかります
※冷凍庫だと、カカオバターの脂肪分がすぐに固まるのでオススメです
※冷凍庫で固めることで、シルクのような舌ざわりになります

 

⑨冷凍庫から取り出し、固まったチョコレートを型から外す


⑩表面に赤い色をつける

まず、ココアパウダーを振りかけ、続いてフランボワーズパウダーをかける
※ココアパウダーを振らないと、フランボワーズパウダーがなじまないです


⑪出来上がり♪

(出典:www.ntv.co.jp/zip/tokush/)

 


 


ピエール・マルコリーニ氏 直伝!究極のチョコレート!

『クール フランボワーズ”木イチゴのハート風チョコ”』
ぜひ、作ってみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

ピエール・マルコリーニ氏直伝!
“究極のチョコ”の作り方♪

 

2月13日の日本テレビ「ZIP!」では、
“ピエール・マルコリーニ伝授!究極のチョコの作り方”
について放送されていましたので、

 

ピエール・マルコリーニ氏 直伝!究極のチョコレート!
『クール フランボワーズ”木イチゴのハート風チョコ”』
の作り方レシピについてまとめてみました!

 

とっても美味しそうでしたね!
ぜひ作ってみたいと思います♪

ZIP! ■料理レシピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
主婦の達人NAVI

コメント

タイトルとURLをコピーしました