【教えてもらう前と後】水島弘史レシピ『唐揚げは冷たい油から揚げる』

“唐揚げ”は、
冷たい油から揚げるとジューシー!

5月22日のTBS「教えてもらう前と後」では、
『冷たい油から揚げる”唐揚げ”』
について放送されていました!

料理研究家・水島弘史さんレシピ!
『冷たい油から揚げる”唐揚げ”』
の作り方ついてまとめてみました!

スポンサーリンク

『冷たい油から揚げる”唐揚げ”』の作り方!

家庭の定番メニューの
ひとつである「唐揚げ」♪

180℃の高温の油でカラッと揚げるイメージですが、
実は、“冷たい油から揚げる”
唐揚げがジューシーに仕上がるのだそう!

今回、『冷たい油から揚げる唐揚げ』について教えてくれたのは、
料理研究家・水島弘史さんです。

水島弘史さんの著書♪(↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 [ 水島弘史 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/5/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本当においしい肉料理はおウチでつくりなさい [ 水島弘史 ]
価格:1490円(税込、送料無料) (2018/5/28時点)

水島弘史さん流!
『冷たい油から揚げる唐揚げ』
の作り方レシピについてまとめてみました!

■作り方
①フライパンに油を入れる

②油の中に鶏肉を入れる
※火はまだ点けていない状態です

③鶏肉が浸るくらいまで、油を入れる

④火をつけ弱火にする

⑤弱火のまま熱して、5分たったら裏返して3分

⑥鶏肉を一度油から上げる

⑦高温で二度揚げする

⑧表面の色が変わったら完成


肉のタンパク質は、
65℃を超えると、
急激に収縮してしまう性質があります。

冷たい状態から、
弱火で徐々に温度を上げると、
肉の収縮が抑えられ、
ジューシーさを保つことが出来るのだそう!

低温から火を通しているため、
高温で二度揚げしても、
肉は収縮しないです。

「チキンソテー」を焼く時も同じで、
アツアツのフライパンではなく、
冷たいフライパンに肉をのせてから焼くと、
皮はパリッと中はジューシーに仕上がります!

料理研究家・水島弘史さんレシピ!
『冷たい油から揚げる”唐揚げ”』
ぜひ、作って食べてみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

“唐揚げ”は、
冷たい油から揚げるとジューシー!

5月22日のTBS「教えてもらう前と後」では、
『冷たい油から揚げる”唐揚げ”』
について放送されていましたので、

料理研究家・水島弘史さんレシピ!
『冷たい油から揚げる”唐揚げ”』
の作り方ついてまとめてみました!

とっても美味しそうでしたね!
ぜひ、作って食べてみたいです!

スポンサーリンク

フォローする