【サタデープラス】インフルエンザ予防法!名医の最強実践方法まとめ!

『名医のインフルエンザ予防法』♪

1月26日のTBS「サタデープラス」では、
『名医のインフルエンザ最強予防法』
について放送されていました!

名医が実践!
『インフルエンザ最強予防法』
についてまとめてみました!

スポンサーリンク

名医が実践!『インフルエンザ最強予防法』

今回、「サタデープラス」では、
『名医が実践!インフルエンザ最強予防法!』
について紹介されていました!

教えてくれたのは、
呼吸器・内科専門医・大谷義夫先生です。

<インフルエンザ最強予防法>
①「マスクを触る時はに要注意」
②「うがい代わりに緑茶を飲む」
③「ドアノブは触らない」
④「1日5回の歯磨き」

名医が実践!
『インフルエンザ最強予防法』
についてまとめてみました!

①「マスクを触る時は表面に要注意」

名医の予防法①「マスクを触る時は表面に要注意」

マスクを触る時こそ、
感染予防のポイントです!

マスクを持つ場所は、
“片方の耳かけ”だけ!

マスクの表面には、
ウィルスがたくさん付いている可能性があります。

せっかくマスクをしていても、
表面を触ってしまうと、
ウィルスが指に付いて、
感染のリスクが高まってしまうかもしれません。

最悪なのは、
表面を触ってマスクをずらし、
物を食べることです!

また、人混みから帰宅後は、
マスクは交換しましょう!


スポンサーリンク

②「うがい代わりに緑茶を飲む」

名医の予防法②「うがい代わりに緑茶を飲む」

念入りな“手洗い”は基本です!
(30秒間。手の平、手の甲、指と指の間、爪、手首)

しかし実は、インフルエンザ対策としては、
“うがい”の有効性は認められていないのだといいます。
(※ただし、風邪の予防には有効)

うがいの代わりに実践しているのが、
“「緑茶」を飲むことでの喉の潤いキープ”です!

喉が乾燥すると、
ウィルスを排除している
喉の繊毛運動が悪化してしまいます。

「喉の潤いキープ」が重要であり、
こまめな水分摂取が効果的なのです!

水でも良いのですが、
“緑茶”のカテキンは、
インフルエンザウィルスに効果的です!

緑茶は1口ずつ飲めばOK!
1日の目安は、ペットボトル3本分です!


スポンサーリンク

③「ドアノブは触らない」

名医の予防法③「家の中でもドアノブは触らない」

インフルエンザの場合、
空気感染ではなく、
多くは接触感染です!

重要なことはウィルスに触らないこと!
中でも、多くの人が触る“ドアノブ”は、
超要注意なのです!

<ドアノブが危険なワケ>
①不特定多数の人が触れる
②金属はウィルスに好環境
「ウィルスの活性時間」
・布や紙…約15分
・金属やプラスチック…約24時間

照明のスイッチエレベーターのボタンも、
極力触らないように気を付けます!

丸型のドアノブやつり革を触らなければならない時は、
ハンカチやティッシュを使うと良いです。
直接、手が触れないので、
ウィルスを触ってしまうことがないです。

④「1日5回の歯磨き」

名医の予防法④「1日5回の歯磨き」

口の中をキレイしておき、
口の中の細菌を減らしておくことが、
インフルエンザの予防につながります!

歯に残ったタンパク質は、
インフルエンザウィルスの大好物です。

インフルエンザウィルスを活発にしたり、
増殖したりする根源ですので、
1日5回の歯磨きで、
口腔ケアをしっかり行いましょう!

デンタルフロス歯間ブラシの併用で、
さらに効果的です!

スポンサーリンク

まとめ

『名医のインフルエンザ予防法』♪

1月26日のTBS「サタデープラス」では、
『名医のインフルエンザ最強予防法』
について放送されていましたので、

名医が実践!
『インフルエンザ最強予防法』
についてまとめてみました!

名医のインフルエンザ予防法、
ぜひ実践したいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする