【NHKあさイチ】子供の発達障害!種類や特徴!ABAほめるトレーニング方法とは?

シェアする

『子どもの発達障害』
わが子の発達に悩む保護者の方は多いですよね!


6月22日の「NHKあさイチ」では、
栗原類さんがゲストで、
「ほめて伸ばす!子どもの発達障害」をテーマに、
発達障害の子どもの療育方法「ABA(応用行動分析)」
が放送されていましたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子どもの”発達障害”とは?

自治体の健診で遅れを指摘されるなど、
わが子の発達に悩む親が、今増えているといいます。

『発達障害』とは主に、下記の種類を総称して呼ばれています。

・ASD(自閉症スペクトラム障害)
・ADHD(注意欠如・多動性障害)、ADD(注意欠如障害)
・LD(学習障害)



子どもの発達障害の症状の特徴としては、

・「視線が合わない」
・「人に興味を持たない」
・「言葉の発達が遅い」
・「こだわりが強い」

などが上げられますが、現れ方には個人差もあるといいます。



具体的な治療方法というのは、まだ確立されていませんが、
アメリカで生まれた新たなトレーニング方法『ABA(応用行動分析)』が、
子供の発達障害の症状を改善する可能性があるということで、
今、注目を集めています。

『ABA(応用行動分析)』のトレーニング方法とは?

『ABA(応用行動分析)』とは、アメリカで生まれた新たなトレーニング方法で、
発達障害全般に症状の改善に効果があると、
期待されているものです。

その方法とは、意外とシンプルで、
“ほめる”ということ!!

子育て全般に必要で重要なことですが、
発達障害にも良いということです。

「ほめる」トレーニングのポイントは3つ!
①すぐほめる
例)発達障害の子供にひらがなの学習をさせた場合

ほめるのは、秒速。
すぐにほめることで、何をほめられたのかを理解させます。

ご褒美は、好きなオモチャやふれあいなどでOK!

学習することが楽しく、
正解するといいことがあるということを感じてもらいます。

②できるように手助け
例)発達障害の子供に物の位置関係を学ばせた場合

“前と後ろを間違えてしまった”そんな時は、
指さしなどをして、正解できるように手助けします。

手助けなしでも正解できるように繰り返し、
成功体験を積み重ねていきます。

出来たら、ほめます。

③子供に主導権を渡さない
例)発達障害の子供に絵本などの片付けを指示した場合

素直にお片付けはしたものの、何かぐずぐずとして、
なかなか席に戻ろうとしない子供の態度。

そんな時は、やり直しを指示します。

子供が嫌がることを教える時は、
特に主導権を握ることが大切です。

もちろん、素早く出来たらほめます。

※この行動が出来なければ、
学校などの集団行動において、
チャイムが鳴っても席につくということが出来ません。

※また、保育園や幼稚園でも「みんな集まって」と言われた時に、
集まれないということになってしまいます。

※集団で動くためにも、大人が言ったことに
素直に耳を傾けるということが大事です。

スポンサーリンク

つまり、『ABA(応用行動分析)』とは、
「行動 + いいこと(ほめる) ⇒ 行動が増える」
という考え方です。

行動がなかなか出来ない場合は、
“手助け”をするということも、非常に重要です。

「手助けをして、出来たらほめる」という流れです。

ちなみに、手助けをしても出来なかった場合は、ほめません。
行動が出来ないまま、ほめられてしまうと、
“出来なくてもいいんだ”という考えが生まれてしまいます。

あくまでも、出来たらほめるということです。

まとめ

6月22日の「NHKあさイチ」では、
栗原類さんがゲストで、
「ほめて伸ばす!子どもの発達障害」をテーマに、
発達障害の子どもの療育方法「ABA(応用行動分析)」
が放送されていましたので、ご紹介しました。

「言葉の発達が遅い」、「こだわりが強い」など、
わが子の発達に悩む保護者の方は多いと思います。

ほめて伸ばすという、「ABA(応用行動分析)」のトレーニング方法、
非常に勉強になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする