【得する人損する人】ステーキの失敗しない焼き方レシピ!超簡単!

『ステーキの失敗しない焼き方』♪

6月14日の日本テレビ
「あのニュースで得する人損する人」では、
ゲストの蛯原友里さんが、
“一流シェフ直伝の直伝のステーキの失敗しない焼き方”
を学んでいました!

武藤俊一シェフが伝授!ステーキの失敗しない焼き方!
『失敗しないステーキ』
の作り方レシピについてまとめてみました!

スポンサーリンク

『失敗しないステーキ』の作り方レシピ!

今回の「あのニュースで得する人損する人」では、
“スーパーのお安いステーキ肉は、
焼く前に5分湯せんすれば失敗しらず!
ジューシーな高級肉の味に!”

という得ワザが放送されていました!

蛯原友里さんが挑戦!
武藤俊一シェフが伝授!ステーキの失敗しない焼き方!
『失敗しないステーキ』
の作り方レシピについてまとめてみました!

■材料
・ステーキ用の牛肉
・オリーブオイル
・塩
・コショウ

■作り方
①牛肉を密閉袋に入れる

<プロ技>
「密閉袋の空気を抜く」

②キッチンペーパーをフライパンに入れた50℃お湯の中に入れる
<ポイント>
※お湯を沸騰させた後、同量の水を加えると約50℃になります

<プロ技>
「キッチンペーパーを敷く→肉を約40℃にキープ」


③50℃のお湯で5分湯せんする

※見た目がピンク色に変わり、やわらかくなれば取り出します

④湯煎から取り出した肉の表面に、オリーブオイルを塗る
※オリーブオイル→パサパサを防ぎジューシーにしてくれます

⑤塩で味付けする

⑥中火にし、肉にアルミホイルをかぶせて焼く
<ポイント>
※火加減は中火にします

※くしゃくしゃにしたアルミホイルを肉に隙間をつくってかぶせます

<プロ技>
「くしゃくしゃにしたアルミホイルをかぶせることで、
蒸気が適度に抜けて、中まで火が入る」

※フタをしないと表面は焼けても中まで火が入らないことが多く、
逆にフタをすると、蒸気の逃げ場がなくなり蒸した状態となり、
パサパサな仕上がりになってしまいます

⑦片面が焼けたら、残り1分半焼く

⑧まな板の上に移し、2分ほど余熱で火を入れる

<プロ技>
「2分置いて余熱で中まで火を入れる」

⑨コショウで味を整えたら、出来上がり♪

肉を湯せんして、
牛の体温の40℃に近づけると、
生きているような状態になります。

また、牛肉は60℃を超えると、
うま味成分が逃げて固くなるので、
焼く前に湯せんをすることで、
うま味成分を閉じ込めて
やわらかくおいしい状態にすることができます!

試食した感想は、
「血生臭さがない!」
「柔らかく感じる!」
「パサつきがない!」
「噛んだ瞬間、肉汁がジュワーって出てて!」
「肉のうま味がすごい!」

と、大好評でした!

武藤俊一シェフが伝授!
『失敗しないステーキ』
ぜひ、作って食べてみたいですね!


スポンサーリンク

『超簡単ステーキソース』の作り方レシピ!

『失敗しないステーキ』のスタジオ試食の際に、
入江瑛起シェフが、
『超簡単ステーキソース』の作り方レシピを教えてくれました!

■材料
・おろしにんにく…2g
・しょう油…20cc
・ヨーグルト…20g

■作り方
①にんにく、醤油、ヨーグルトを混ぜる

②出来上がり♪

大人の方が食べる際には、
ちょっと“ワサビ”を入れると、
キュッと引き締まった感じの味になるのだそう!

試食した感想は、
「これはご飯すすむ!」
「口入れた瞬間から、MAXで美味しい!」
「にんにくとお醤油の美味しさが、ヨーグルトでまろやかになって!」

と、大好評でした!

スポンサーリンク

まとめ

『ステーキの失敗しない焼き方』♪

6月14日の日本テレビ
「あのニュースで得する人損する人」では、
ゲストの蛯原友里さんが
“一流シェフ直伝の直伝のステーキの失敗しない焼き方”
を学んでいましたので、

武藤俊一シェフが伝授!ステーキの失敗しない焼き方!
『失敗しないステーキ』
の作り方レシピについてまとめてみました!

誰でも失敗せずに焼くことができるというのは、
とっても嬉しいですね!
ぜひ、試してみたいと思います!

今回「あのニュースで得する人損する人」で紹介の
『料理レシピ』はそれぞれこちら♪(↓)

一流シェフの『2日目のみそ汁を美味しく食べる方法』♪ 6月14日の日本テレビ 「あのニュースで得する人損する人」では...
一流シェフが伝授! 『超簡単油揚げの油抜き方法』♪ 6月14日の日本テレビ 「あのニュースで得する人損する人」では、 "...
『ステーキの失敗しない焼き方』♪ 6月14日の日本テレビ 「あのニュースで得する人損する人」では、 ゲスト...
一流シェフの『魚の煮付けの作り方』♪ 6月14日の日本テレビ 「あのニュースで得する人損する人」では、 "一流シェフの魚の...
https://syufu-tatu.com/14903.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする