オクラのネバネバ成分を増やす茹で方&時間【この差って何ですか】

ネバネバ食材”オクラ”♪

7月3日のTBS「この差って何ですか?」では、
『ネバネバ食材の正しい食べ方の差』について紹介されていました!

ネバネバ食材の正しい食べ方!
『オクラのネバネバ成分を減らさない食べ方』&
『オクラのネバネバ成分を増やす茹で方』
についてまとめてみました!

スポンサーリンク

ネバネバ食材『オクラ』!

今回の「この差って何ですか?」では、
『ネバネバ食材の正しい食べ方の差』について紹介されていました!

暑い夏の「食欲不振」を解決するのに、
効果的なのは“ネバネバ食材”です!

ネバネバ食材『オクラ』には、
「食欲不振」の回復の他にも、
『糖の吸収を抑える』健康効果もあります!

しかし、ネバネバ食材を食べたとしても、
間違った食べ方をしてしまうと、
ネバネバ成分の量が減り、
食欲不振を解消する効果が十分に得られないのだといいます!


スポンサーリンク

『オクラのネバネバ成分』を減らさない食べ方!

「ネバネバ成分」熱に弱いので、
70℃で約3分、100℃で約1分で壊れてしまいます!

ご飯にかけて食べるのではなく、
そのままネバネバ食材だけで食べるのが良いでしょう。

ご飯にかける時は、
熱々のご飯は避け、70℃以下のご飯にしましょう!

『オクラのネバネバ成分』を増やす茹で方!

オクラの「食物繊維」(ネバネバ成分)
より多く得る調理方法(茹で方)は、
『刻んでから茹でる』です!

※「ネバネバ成分」は熱に弱く、
70℃で約3分、100℃で約1分で壊れてしまので、
“茹で時間は1分以内”にしましょう!

■茹で方
①オクラを刻む

②鍋で茹でる
“茹で時間は1分以内”にしましょう

オクラのネバネバを出すには、
“2つの条件”が必要です!

①オクラ側面から食物繊維を出す

②その食物繊維が水分と絡む

オクラの食物繊維は水に溶ける
水溶性食物繊維です。

オクラを刻んで食物繊維が出た後、
茹でることで食物繊維が水に溶け、
ネバネバ成分が生まれます!

茹でてから刻む人も多いと思いますが、
茹でてから刻むと、
オクラの食物繊維が水分と絡まないので、
ネバネバにならないのです!

「食物繊維」が多ければ多いほど、
よりネバネバになり、
“糖の吸収を抑える”効果も大きくなります!

スポンサーリンク

まとめ

ネバネバ食材”オクラ”♪

7月3日のTBS「この差って何ですか?」では、
『ネバネバ食材の正しい食べ方の差』について紹介されていましたので、

ネバネバ食材の正しい食べ方!
『オクラのネバネバ成分を減らさない食べ方』&
『オクラのネバネバ成分を増やす茹で方』
についてまとめてみました!

オクラのネバネバ成分を増やす茹で方、
ぜひ、実践したいと思います!

今回「この差って何ですか?」紹介の
『オクラ関連記事』はそれぞれこちら♪(↓)

ネバネバ食材"オクラ"♪ 7月3日のTBS「この差って何ですか?」では、 『ネバネバ食材の正しい食べ方の差』について紹介され...
https://syufu-tatu.com/15549.html

スポンサーリンク

フォローする