【教えてもらう前と後】水島弘史レシピ『ハンバーグは手でこねない』

シェアする

“ハンバーグ”は手でこねない!

5月22日のTBS「教えてもらう前と後」では、
『手でこねない”ハンバーグ”』
について放送されていました!

料理研究家・水島弘史さんレシピ!
『手でこねない”ハンバーグ”』
の作り方ついてまとめてみました!

スポンサーリンク

『手でこねない”ハンバーグ”』の作り方!

家庭の定番メニューの
ひとつである「ハンバーグ」♪

実は、「ハンバーグ」は、
肉のタネを手でこねず、
“すりこぎ”でつくようにすると、
美味しく仕上がるのだそう!

今回、『手でこねない”ハンバーグ”』について教えてくれたのは、
料理研究家・水島弘史さんです。

水島弘史さんの著書♪(↓)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 [ 水島弘史 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/5/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本当においしい肉料理はおウチでつくりなさい [ 水島弘史 ]
価格:1490円(税込、送料無料) (2018/5/28時点)

水島弘史さん流!
『手でこねない”ハンバーグ”』
の作り方レシピについてまとめてみました!

■作り方
①ひき肉に塩だけ入れる

②すりこぎで肉を潰すようにつく
※目安はすりこぎをつくと、ボウルが持ち上がるくらいです

③形を整える時は、手で素早く

④焼く時は冷たい油・冷たいフライパンから焼く

⑤出来上がり♪

肉のタネを手で混ぜてしまうと、
人間の手の熱が肉に伝わり、、
肉の結着力弱まってしまいます。

その状態でハンバーグを焼くと、
肉汁がしっかり閉じ込められなかったり、
ボロボロと割れてしまうなどの
失敗が起きやすくなります。

手でこねず、”すりこぎ”を使うことで、
肉同士がしっかりとくっついた
美味しいハンバーグが出来上がります!

料理研究家・水島弘史さんレシピ!
『手でこねない”ハンバーグ”』
ぜひ、作って食べてみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

“ハンバーグ”は手でこねない!

5月22日のTBS「教えてもらう前と後」では、
『手でこねない”ハンバーグ”』
について放送されていましたので、

料理研究家・水島弘史さんレシピ!
『手でこねない”ハンバーグ”』
の作り方ついてまとめてみました!
とっても美味しそうでしたね!
ぜひ、作って食べてみたいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする