【金スマ】水島弘史流レシピ『レタスチャーハン』の作り方!弱火調理がスゴイ!

料理科学研究家・水島弘史シェフ
『レタスチャーハン』の作り方レシピ!

9月9日の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)」では、
料理科学研究家・水島弘史シェフの、
弱火・切り方など料理の新常識が放送されていました!

水島弘史シェフ流!
『レタスチャーハン』の作り方レシピ、
弱火調理法&野菜の切り方をまとめてみました!

スポンサーリンク

水島弘史シェフ流の科学料理について!

今回、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)」
驚きの新常識の方法での料理レシピを教えてくれたのは、
料理科学研究家・水島弘史シェフです。

水島弘史シェフが作る料理は、
科学的根拠に基づいて料理を美味しくする方法です。

料理とは化学変化の連続!
素材の構造や性質に合わせて、
最も美味しくなる方法で調理するのです。

水島弘史シェフのレシピ本
著者累計20万部を超える大人気となっています(↓)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

だまされたと思って試してほしい料理の新常識 [ 水島弘史 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 [ 水島弘史 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)

本場フランスでフランス料理を学んだ際、
ヨーロッパでは、弱火料理が主流だったといいます。

そんな水島弘史シェフ流の料理理論は、
“弱火で調理する”ということです!

常識を打ち破った科学的!弱火クッキング!
水島弘史シェフ流の調理法!
『レタスチャーハン』の作り方レシピをまとめてみました!

水島弘史シェフ流『レタスチャーハン』のポイント!

<水島流チャーハン>
・ベチャベチャにならない
・パサパサにならない
・焦がす心配がない

水島弘史シェフ流『野菜の切り方』ポイント!

・包丁は腕のラインに対して真っ直ぐ持つ
ws000012

・調理台に対して体を少し斜めにして立つ
※力を入れずに、楽に包丁を動かせます
ws000013

・包丁は親指と人差し指で柄を挟み、中指で押さえる
※力はいれません
ws000011

・刃は先の方を使い、刃先のカーブに沿って、上下に動かしながら切る
ws000014

ws000015

一般的な切り方は、力が強く、
野菜の細胞を潰してしまい、断面から水分が出てきてしまいます。

水島流の切り方は、
細胞を潰さない切り方で、断面が滑らかになり、
水分も出にくく、中に残ります。

そのため、炒めてもベチャベチャにならず、
野菜の瑞々しさや旨味が損なわれないのです。

水島弘史シェフ流『レタスチャーハン』の作り方レシピ!

■材料
・ご飯
・レタス
・卵
・長ネギ
・塩
・こしょう
・醤油
・ごま油
・油

■作り方
①レタスを水島流の力を入れない切り方(上記)で食べやすい大きさに切る
ws000041

※レタスをちぎっても良いですが、
ちぎる場合は、端の方から葉脈に沿って軽くちぎります

②長ネギをみじん切りにする
※長ネギの片側に斜めに切り込みを入れ、反対側にも切り込みを入れる
ws000042

※端から切っていくと、みじん切りが簡単にできます
ws000043

③溶き卵を作る
<溶き卵を作る簡単な方法>
※しっかりと箸を卵に突き立てて、力強く向こうとこっちを行ったり来たり、
一文字を書くようにバーッとさせます
ws000044

ws000045

※簡単にコシが切れます

※弧を描くように混ぜると、卵白は切れません

④温かいご飯をボールに入れたザルの中に一旦入れる
※冷ご飯ではなく、温かいご飯を使います
ws000046

⑤水をスプーン2杯くらいご飯にかけて、ほぐす
ws000048

※炊きたてのご飯は、でんぷん質が糊状になっており、
くっついてしまっているので、水をかけて糊を薄めて剥がしていくのです

⑥油を少量ご飯にかけて混ぜる
ws000047

※炒める前に油をかけて、ご飯の表面を油膜でコーティングし、中の水分の蒸発を防ぎます

※ご飯一粒一粒がくっつかず、パラパラに仕上がります

⑦火を点ける前に、フライパンに油をひき、溶き卵を入れる
ws000049

ws000050

⑧火を点けて(弱火)、卵をかき混ぜる
ws000051

※次第に卵が固まって、とろんとしてきます

※このまま作っていくと、ふわふわのスクランブルエッグが作れるそうです

⑨卵に固まりが出来てきたら、下準備したご飯を入れる
ws000052

ws000053

⑩ご飯を切るように混ぜる
※弱火のまま、ご飯をほぐしながら約3分混ぜます
ws000054

⑪長ネギを入れ、約2分切り混ぜる
ws000055

⑫レタスを入れ、塩、こしょう、醤油で味付けする
ws000056

ws000057

⑬香りが出たら真ん中を空けて、最後に30秒ほど強火で炒める
※香ばしさを出すために、強火にします
ws000058

⑭ごま油を風味づけに入れ、混ぜる
ws000059

※ごま油を入れることで香ばしさが出ます

※ごま油は、最も熱くなっているフライパンの真ん中に入れると、より香りがたちます

ws000060

⑮皿に盛る
ws000061

⑯出来上がり♪
ws000062

試食した感想は、
「美味しい!」
「パラッパラですね、本当!」
「卵もふわふわ」
「美味しい!塩こしょうだけなのに、中華だしをいれたような旨味もあって!」

と、大好評でした!

水島弘史シェフ流『レタスチャーハン』
ぜひ作って食べてみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

料理科学研究家・水島弘史シェフ
『レタスチャーハン』の作り方レシピ!

9月9日の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)」では、
料理科学研究家・水島弘史シェフの、
弱火・切り方など料理の新常識が放送されていましたので、

水島弘史シェフ流!
『レタスチャーハン』の作り方レシピ、
弱火調理法&野菜の切り方をまとめてみました!

理論的な調理方法で、
とっても美味しそうでしたね!
ぜひ、作って食べたいと思います!

関連記事はこちら♪(↓)
https://syufu-tatu.com/5268.html

水島弘史シェフが「林修の今でしょ講座」で教えてくれた
科学料理レシピ記事はこちら♪(↓)

"科学×料理"で、 家庭の味を名店の味に近づける! 7月20日の「林修の今でしょ講座」では、 科学の力で家庭料理を名店の味...
"科学×料理"で、 家庭の味を名店の味に近づける! 7月20日の「林修の今でしょ講座」では、 科学の力で家庭料理を名店の味...
"科学×料理"で、 家庭の味を名店の味に近づける! 7月20日の「林修の今でしょ講座」では、 科学の力で家庭料理を名店の味...

水島弘史シェフが「サタデープラス」で教えてくれた
レシピはこちら♪(↓)

話題の弱火調理人! 料理科学研究家・水島弘史シェフの 『ハンバーグ』の作り方レシピ! 10月1日のTBS「サタデープラス」...
話題の弱火調理人! 料理科学研究家・水島弘史シェフの 『トンカツ』の作り方レシピ! 10月1日のTBS「サタデープラス」マ...
話題の弱火調理人! 料理科学研究家・水島弘史シェフの 『ぶり大根』の作り方レシピ! 11月19日のTBS「サタデープラス」...
https://syufu-tatu.com/9045.html

https://syufu-tatu.com/10253.html
https://syufu-tatu.com/10257.html

スポンサーリンク

フォローする