林修の今でしょ講座!お茶で健康長寿!緑茶・麦茶・玄米茶の飲み方!

健康長寿の秘訣!
“お茶”の健康パワー!

10月23日の「林修の今でしょ講座」では、
「お茶&缶詰が健康長寿の秘訣!?
医学的に理にかなった飲み方・食べ方全部教えますSP」
について放送されていました!

医学的に正しいお茶の飲み方検定!
『緑茶編』&『麦茶編』&『玄米茶』などについてそれぞれまとめてみました!

スポンサーリンク

お茶の飲み方検定『緑茶編』

医学的に正しいお茶の飲み方検定
『緑茶編』
です!

<第1問>
お茶は湯のみにそそいで、
少し冷まして急須に注ぐ
※血管に良い働きが期待できる
「エピガロカテキンガレート」が多く出る緑茶の淹れ方です

<第2問>
1日5杯以上の緑茶で脳梗塞のリスクが低下した

<第3問>
緑茶を飲むベストタイミングは食後3時間
※コレステロールの吸収をブロックしてくれます

<第4問>
緑茶の栄養を最大限とるには、
お茶がらを食べる
※飲む以外の方法で、
緑茶のエピガロカテキンガレートが最大限に摂取できます

<第5問>
緑茶は鉄分が多い食べ物と一緒にとらない方がいい
※緑茶のタンニンは、
鉄分の吸収を抑制してしまいます


スポンサーリンク

お茶の飲み方検定『麦茶編』

医学的に正しいお茶の飲み方検定
『麦茶編』です!

<第1問>
麦茶のティーバッグはある程度の濃さが出たら取り出す
※良い香りが出なくなります
※市販のものは説明書きをチェックしましょう

<第2問>
温かい麦茶が良い睡眠を促す
※体が温まると副交感神経が優位になります
※寝る前に飲む時は、1杯程度が良いです

お茶の飲み方検定『玄米茶編』

医学的に正しいお茶の飲み方検定
『玄米茶編』
です!

<第1問>
玄米茶は糖質などが多い食事の前に飲むと良い
※玄米茶のガンマオリザノールは血糖値が高い状態を下げる働きが期待できます
※インスリン分泌に異常がある人はご注意ください

<第2問>
血糖値対策につながる玄米茶を使ったレシピは”お茶漬け”
※玄米茶を使った玄米茶漬けもオススメです


スポンサーリンク

お茶の飲み方検定『その他お茶編』

<ルイボスティー>
ルイボスティーの抗酸化成分SODなどは、
毛細血管の壁を剥がれにくくする

<どくだみ茶>
どくだみ茶のクエルシトリンは、
腸のぜんどう運動を促進し、
便秘解消に良い

スポンサーリンク

まとめ

健康長寿の秘訣!
“お茶”の健康パワー!

10月23日の「林修の今でしょ講座」では、
「お茶&缶詰が健康長寿の秘訣!?
医学的に理にかなった飲み方・食べ方全部教えますSP」

について放送されていましたので、

医学的に正しいお茶の飲み方検定!
『緑茶編』&『麦茶編』&『玄米茶』
などについてそれぞれまとめてみました!

お茶の健康パワーすごいですね!
ぜひ、正しい飲み方で健康的に飲みたいと思います!

今回「林修の今でしょ講座」で紹介された
『お茶&缶詰の健康パワー』関連記事はそれぞれこちら♪(↓)

スポンサーリンク

フォローする